« 順番 | トップページ | 「日本という国」を出雲で考える... »

建設環境委員会

昨日は私、松田ただしが副委員長を務めさせていただいています、「建設環境委員会」及び予算審査特別委員会分科会でした。
通常議案は委員会、予算関係の審議は分科会といった感じです。
メインの議題は、例の墓地関係とゴミ収集業務の民間委託に拘わる「債務負担行為」。

「債務負担行為」をググってみますと...

”予算の内容に一部をなすものだが、債務負担行為は歳出予算には含まれない。つまりこの債務負担行為は、支出の原因となる契約等の債務を負担するだけの権限に基づく行為であって、現金支出を必要とするときには、あらためて歳出予算に計上しなければならない。これを現年度化という。継続費で事業を行うよりこの債務負担行為を利用するほうが多くなっている。”
http://www.zaiseijoho.com/deco/deco_s-4.html

なんのこっちゃ判りません(^_^;)

おっと、米子市のHPに概略が出てましたわ。
”「債務」とは、経費の支出義務のことです。「債務負担行為」は、将来にわたる債務を負う契約を結ぶことをいいます。”
http://www.yonago-city.jp/section/zaisei/dic/saimu.htm

 これなら判ります。
(米子市HP グッジョブ)
ということで「ゴミ収集の市営部分を民間委託にする予算」の審議が行われました。

いろんな意見が出ましたが、私は会派の意思表示として、「米子市がイエローカード(夕張はレッド)を突きつけられかねない、この微妙な時期に敢えて、ダブルコストをともなう民間委託を強行することは容認出来ない」という趣旨の発言をさせていただきました。
うちの会派は民間委託には大賛成ですが、もうちょっと様子をみようぜと言うことです。

最終日の採決まで、あと数日。
全く予断を許さない状況です。
(佐陀墓苑の予算措置については、賛成の意思表示をしました。)

|

« 順番 | トップページ | 「日本という国」を出雲で考える... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 順番 | トップページ | 「日本という国」を出雲で考える... »