« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

自民党鳥取県連青年部副部長に。

昨日倉吉で開かれました「自民党鳥取県連青年部・青年局役員会」におきまして、「青年部副部長」職を拝命しました。
青年部が40才まで、青年局が50才までの組織の”ような気がします。”
というのも、組織の内容が良くわからんからですが...。
間違ってたらごめんなさい。
ということで「自民党若手チーム」の中の、さらに若手といった部門の役をいただいたと言うことです。

青年部長 国岡智志(智頭町議を経て、県議会に挑戦されました。)
副部長 常田賢二(常田元議員の息子さん)
副部長 児玉和也
副部長 松田 正


青年部・青年局の構成は市町村議員・若手経営者が中心でして、県内様々な”まち”の議員さんに出会いました。
湯梨浜町 入江議員・鳥取市 西田議員・北栄町 前田議員、そして元議員のみなさん方。
今回は時間が無くてあまり話せませんでしたが、今後いろいろな意見交換をしてみたいと思います。

今朝の日本海新聞の記事。
「智頭町 国岡議員が議長を訴える」
えっ? 昨日の国岡さんが? と思いましたが、調べてみたら別人でした。(部長は元議員ですもんね...)
なんでも「場所は議長室。全員協議会中の態度を議長に窘められた国岡議員が、議長室を退出しようとしたところ、議長に胸ぐらを捕まれた。」とのこと。
真相は良くわからないんですが「手が出た」ということは、よっぽどだったんでしょうね。

米子市議会でもこの種「もめ事」はたまにあります。
3月議会でもM議員の発言で紛糾しちゃって、懲罰寸前でした。
熱くなるのは良いですが、ほどほどにしなくちゃとお思いました。

| | コメント (0)

またまた灼熱...「サイクルカーニバル in YODOE 2007」

Sai1_2
(本部を例の「やぐら」から空撮?)

今年は本当に暑かったです。
このイベントも何回か参加させていただいてますが、今までで一番暑かった様な気がします。
創始メンバーの面々も言ってましたから、間違いないでしょう。

熱中症にかかられる選手もいらっしゃいましたし、まさに灼熱地獄でした。
しかし大きな事故もなく、和やかな雰囲気の中、成功裏に閉幕となりました。
参加者の皆さん本当にありがとうございました。
そしてボランティアのみなさん、暑い中お疲れ様でした。
また急な呼びかけにも拘わらず手伝いに駆けつけてくれたTくん・Aくん、本当にありがとうございました。


さて、打ち上げでの一幕。
「スタッフ約100人に対して参加者が240人、広報を工夫するとか、他のイベントとジョイントするとかしないとなんだかもったいないような気がします。」
「米子市を代表するイベントになりうるポテンシャルをもった事業だと思う。なんとかもっと盛り上げようよ!!」
と松田が発言したところ、商工会を中心にえらい盛り上がっちゃいました。
来年度は実施時期、実施場所等々も勘案してモデルチェンジするかも知れません。
なんだか楽しみになってきましたよ!!


さて、今日の「全員協議会」を皮切りに、9月議会が本格化して参ります。
暑さで溶けちゃった頭の中をクールダウンして、議会の場に臨みたいと思います。


http://www.yonago-city.jp/section/gikai/schedule.htm
(9月議会の日程です。)
下の画像上から
○一番乗りの選手
○赤松交差点の模様
○警備をする松田
Sai2_2
Sai3_2
Sai4_2

| | コメント (0)

明日は「サイクルカーニバル」

Saikuru_2

「サイクルカーニバル in YODOE 2007 第16回史跡と名水の里サイクリング」
が明日行われます。(正式名称知らんかった...。)

というわけで検索してみましたが、
http://www.yonago-city.jp/section/chiikiseibi/chiikiseibi20070809.htm
米子市のHPしかありませんでした。
きょうび、公式ホームページすら無いイベントって凄いですね(汗)
反省会の議題に上げときます(-。-;)


”このサイクリング大会は、「淀江町商工会青年部」が主体となって運営していまして、今年で15回目となっています。今回も約250名の皆さんに参加していただきまして、たいへん盛り上がった一日でした。
淀江町を出発し、香取までの山岳コース約50kmを走破する「健脚コース」と、淀江町内のメインスポットを自由に巡っていただく家族連れでも参加いただける「オリエンテーリングコース」に分かれています。”
これが去年の松田ブログの記事。


ということで、今年で16回目です。
「商工会青年部」も新しい枠組み(淀江・伯仙・日吉津が合併しました)になり、また新たなスタートということです。
市からの補助金も無くなっちゃうかもしれませんが、まあ自立しても良い時期じゃないかという想いも。
そして、このイベントのメイン会場は件の「伯耆古代の丘公園」。
今日はテントを張ったり、「のぼり」立てたりと設営作業に明け暮れていたわけですが、ふと思いついたのが、あのエリア全体をサイクルを核に「祭」にしちゃったらどうかなと。
単なる思いつきだったんですが、一緒に設営していた松田の弟も同じようなことを言ってました。

16年前、商工会の浅田先輩をはじめとされる「熱い男たち」が生み出し、ここまで育てた「祭」です。
このままフェードアウトしちゃう様では、絶対にもったい無い気がします。
「あこここ」がお世話になってる小児科の先生、そして、なんと 角 米子市副市長も毎回参加されてると先日聞きました。
そして、県外からのリピーターも多数。


来年以降になりますが、なにか面白い仕掛けを考えてみたいと思います。

| | コメント (0)

19年度 9月議会 質問項目

Matukaigi2_2

甲子園の決勝戦、凄かったですね〜。
絵に描いたような高校野球的ドラマに我が目を疑いましたわ(・O・;

さて、いよいよ9月議会が近づいて参りました。
今回は「まつり」に関する質問をしたいと思います。

昨日は「淀江地区地域審議会」に出席してきました。
議題は主に「淀江支所」の今後のあり方。
議論の方は迷走気味でしたが、概ね皆さんご納得されていたようです。

さて、偶然にも昨日の議論のなかで「盆踊り花火大会」に関する質問が多く出ていました。
「今後どうなるのか?」
「補助金は?」
今年38回目を数えた、「盆踊り花火大会」。
やはり淀江地区の皆さんにとって、特別な「まつり」であるなと感じました。


そして、来年35回目の「米子がいな祭」。
「がいな祭」も過渡期に来ているのかも知れません。
実際に運営している、私たち「米子青年会議所」のみんなも今後のあり方について様々な議論を行っています。


今回は、この2点に絞って、市長の想いを聞いてみたいと思います。


写真は第34回米子がいな祭最終企画実行本部会議の模様です。
(下の写真左から 白根企画実行副本部長・松本企画実行本部長・金山実行委員長 です。)
Matukaigi1_3

| | コメント (2)

伊勢崎市 会派視察

Isesaki2_2

ちょっと前になりますが、群馬県伊勢崎市への会派視察のお話を。
書き込むタイミングを逸してえまして、すいませんでした。
え〜と、「姉歯ホテル」に泊まったところですわ(^_^;)
http://tadasix.cocolog-nifty.com/matsudatadashi/2007/05/post_a4f9.html
写真は、今回説明をうけた「絣の館」、物産資料館みたいなところです。
米子市に置き換えると、ちょっと毛色は違いますが「ふれあいの里」みたいな感じですかね。

さて伊勢崎市では「市民参加条例」について勉強してきました。
内容としては、市民参加型「会議」を数多く開き、市民にある程度施策を任せるといった内容でした。
参加市民は公募です。

確かに素晴らしい試みだと思います。
これですと文句を言えないですもんね。

ただ、現在は停滞中だそうです。
原因は...
○声の大きい人の意見が通る。
○参加者が偏る。

この二点につきるそうです。
以前視察に行った「志木市」でも、同じようなことが起こっていました。

米子市に置き換えて考えてみますと、やはり程度の差こそあれ同じような現象が起こっているような気がします。
入江さんも指摘されていましたが、重要案件は全て審議会任せのそのまま上程。
議員がその点を指摘しても、「審議会の意見を尊重しました」の一点張り。
(議事録を見ていただければ、良くわかると思います。)
http://gikai.yonago-city.jp/yonago/
私の考えとしては、やはり「市長」並びに「市当局」が責任をもって施策を決定するべきであると思います。
「市民参画」確かに聞こえは良いような気がします。
市民と行政とでは「情報量の差」「現状認識の差」が厳然としてあります。

バランス感覚を持った行政運営が、求められていると感じました。


さて話は変わりますが、今朝の朝ズバ。
那覇空港で起きた中華航空機の爆発事故についての一幕。
○乗務員の対応がおかしいんじゃないの〜?
(機内放送が無かった・乗務員は「大丈夫」としか言わなかった 等)
○消防車の到着が遅いんじゃないの〜?
(機体が燃え上がってから現場到着)

と、「みのもんた」が、いつもの「怒り芸」でイチャモンをつけていました。
確かに今日の編集では、そのように取れました。
しかし、コメンテーターの日航の現役ベテランパイロットが「全て適切」と全否定。
みの無言...

写真は上記の番組でやり玉に挙げられた、伊勢崎市の大観覧車。
(伊勢崎市って、なんだか聞いたことがあるなと思っていたらこの事でした。)
画像の観覧車を撤去して、新しい観覧車を設置しようとしたところ、「朝ズバ 大反対キャンペーン」を食らって中止に。
たしかに部外者から見たら、意味不明ですが(^_^;)
しかし、議会の承認も受けていたはずです。
地元にとっては、なんらかの意味がある事業かも知れません。
番組で批判するのなら、全体の計画を総合的に判断する必要があったと思います。
あり得ませんがね...。

みのもんたの「怒り芸」。冷静に見守っていただきたいと思います。

当地の声
http://blog.mag2.com/m/log/229642/108393076.html
Isesaki1_2

| | コメント (2)

ねむの木のこどもたちとまり子美術展

Nemu1
昨日、米子市美術館に「ねむの木のこどもたちとまり子美術展」を観に行って来ました。

美術館に入るのは、去年の「皇室写真展」以来たしか3回目。
一回目は高校生の時に行ったような気がします。

さて、嫁さんと子どもたちに引きずられて行ったわけですが、ファーストインプレッションを正直に申し上げます。
「?」
もの凄く書き込まれた前衛的な絵画の数々に「ぽか〜ん」としてました。
なんせ予備知識「0」だったもんで(^_^;)

後で解説を読んでみましたところ「ねむの木学園」という、障害児施設の子どもたちの美術展だったんですね。
全然知らんかったです。
にしても美術的センスも「0」ですね。わたし...。
(嫁さんは感動してました。)

ねむの木学園のリンク
http://www.nemunoki.or.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ねむの木村

今日の新聞によるとこの美術展、昨日で観客動員15000人達成だそうです。
「ハード」は確かに古くなってるみたいですが、やはり「ソフト」が大事なんじゃないのかなと思いました。
県外のお客さんも見受けられました。
美術館の改築も「伯耆の国文化創造計画」のコンテンツの一つです。

僕には「米子市美術館」はまだまだ「イケテル」ように見えました。


さて、松田ただし 遅ればせながら「ビリー隊長」の部隊に入隊しました。
1stディスクを一家でやってみたんですが、もう汗でボトボトでした。
果たしていつまで続くのか...。

今日の体重77.3㎏

最後の画像は、美術館側から見た市役所です。
会派室の配分を図示してみました。
Nemu2
Kaihasitu_2

| | コメント (2)

議員報酬

Meisai_2

石尾さんからのご指摘の件について書き込みます。

私も気になっていましたが、「米子市議会」としての公式コメントが出るのを待っていました。
私が先走って勝手なことを書いてしまうと、他の議員に迷惑が掛かるといけませんので。

と言うことで、今日書くのはあくまで「私見」です。

米子市議会議員の報酬が非常に高いとのご指摘が「日本海新聞」を中心にわき起こっています。
新聞の論調は「12%削減に2年の期限を切った事がけしからん」と言うことみたいです。
2月にも書いてますが、私は「15%減」くらいは覚悟していました。
しかし、この事については、正直このように叩かれるとは思っていませんでした。

確かに取り方によっては「逃げ」の部分を残したともとれますが、このまま条例を改定しなければこのまま「12%減」は残ります。
同時に市長・副市長等の減給も議題に上がった訳ですが、こちらには期限が切ってありました。
これは、市長の任期があと2年だからです。
ということで、2年後の新市長の判断に任せるという意味合いで、議員にも期限を設けたわけです。
ですので、新市長が「15%減だ」と言われれば、そうなりますし、このままだと判断されればこのままです。
議員サイドから元の金額に戻すなんて事は、しませんし、出来ません。
そして、あくまで「審議会の減額率に従う」。
私はそのような理解のもと、原案を否決し、この改正案に賛成しました。


具体的な金額を説明します。
あくまで、松田の場合です。

●収入の部
 ○報酬(明細をご覧下さい)
  支給額月額44万
  所得税等△7.5万
  議員年金△6.4万
  私の場合手取りは、30万ほどです。
 ○期末手当(賞与)
  手取り年額約130万
  ということで、年間約490万ほどの手取りとなります。
総収入490万。


※年額45万支給される、「政務調査費」は個人の懐には”一切”入りません。
政務調査費は「会派」で管理していて、視察費用・会派の事務用品代に”しか”使えません。
新風では、残金は返金しています。
また、11万支給される「委員会視察費」も同様に手元には入りません。
あと昔はあった、費用弁償(日当)も原則存在しません。
外郭団体(西部広域議会とか)に出向した場合は、交通費が少し貰えることがあります。


●支出の部
 ○活動費用 年間約90万。
  議員には個人事業のような必要経費が一切認められていない為、所得の中から出しています。
  (電話代、プロバイダー代、ガソリン代、文書代、慶弔費等々です。)
 ○選挙費用
  だいたい300〜400万(法定費用420万)くらいかかりますんで、300万として年割にすると75万。
支出計165万。


490ー165=325
可処分所得は、年325万。
月額27万です。


正直もっと残るのかと思っていましたが、ほとんど残らないです。
私の年齢(33)にしては、ちょっと多いかなと思いますが、他の皆さんについてはどうでしょうか?
(米子市議の年齢は、28才独身〜80才。)

確かに本会議、委員会のみ出る方でも、同様に支給されます。
選挙に通ってしまえば何もしなくても、約500万の現金が入ってしまいます。
「顔が見えない」「何をやってるのか判らない」こういった不信、不満が議員に対するこのような論調を招いていると思うんですよ。

しかしながら、本当にいろんな議員がいらっしゃいます。
高いのか安いのかは、皆さんにご判断願いたいと思います。

最後、この件に関しての私の意見としては、議員定数の削減が求められるんじゃないかと思います。
新風の皆さんも同意見です。
米子市の法定定数は「34人」。
現在の定数「30人」。
質の向上が一番大事なんじゃないのかなと思います。


松田ただし は「あいつになら報酬を払っても良い」そんなふうに言われる議員になりたいと思います。

| | コメント (5)

防衛省事務次官人事

防衛省事務次官の人事が決まったみたいですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/事務次官
官邸主導での「防衛省生え抜き」増田氏。
小池大臣の「警察庁西川案」は蹴られちゃたわけです。
小池大臣的には、相次いだ「イージス艦情報を含む機密情報漏洩」に歯止めをかけたいとの想いだったようです。
イージス艦情報=アメリカの機密 です。
F22の輸出がペンディングとなったのも、これが一因と言われています。
つまり「アメリカ主導での人事」であったと推測されます。
アメリカが「なんとかせい」と怒ったわけです。

新聞を良く読むと「小池氏は正副官房長官と事前に調整せず、西川氏を後任とする報道が先行...」と書いてあります。

「報道が先行」

つまり「小池案」が官房長官に相談される前に、防衛省内からマスコミに情報がリークされたんでしょうね。
で、官房長官は「聞いてない」と激怒。
この度の流れとなったのでしょう。
で、マスコミの皆さんは「安倍総理の指導力の欠如」と言うことで締めくくられるわけです。
この勝負、官僚側の勝利ですな。

防衛関係では「ひげの隊長」こと、佐藤参議院議員にイチャモンをつけていらっしゃる、社民党落選弁護士がいらっしゃいますので、ご一読を。
http://blog.goo.ne.jp/okunagairi_2007/e/273fca8cb289930293dedcd845f75a90


あとちょっと古いですが、拉致被害米子市民 矢倉さんの情報(産経新聞より)
http://www.sankei.co.jp/shakai/rachi/070731/rat070731000.htm


画像はイージス艦 こんごう(海自ホームページより)
173_m_2

| | コメント (6)

会派総会

Sinpu_2

いよいよお盆も明けまして、今日から本格始動です。

さて、今日は「会派 新風」の会派総会です。
「会派総会」とはだいたい月イチくらいでおこなわれる、各議員の意見といいますか、意志の摺り合わせを行う会合です。
うちの会派は10人という大所帯なので、事あるごとに招集されますんで、多分一番多く開いてるんじゃないかと思います。

今日の議題
●9月議会質問調整
各議員の質問がダブらないように、また連携して質問を行うために行います。
今回質問の重複は無さそう。

●決算審査特別委員会の選任
会派ごとに人数の割り当てがありますので、会派からの出向者を選びます。
新風からは、渡辺ジョージ・岩崎やすろう・松田ただし が推薦される予定となりました。

●行財政改革民間委託の実施による矛盾
ごみ収集民営化等にかかる「財政のパラドックス」について会派の意思統一を行いました。
民間委託を行う事業の人件費が、一時的に二重支出を生み、支出がかえって増えてしまう事に関する対策を協議しました。
理由は簡単、委託される事業に従事していた職員の方を解雇しないで、一般職に回しちゃうからです。(つまり人件費が増える)
これは今議会の大きな争点になりそうな予感がします。

●議会運営委員会での問題
議会活性化についての意見集約をしました。
当会派の意見は、ちょっと先送り。

と言った感じで、議論を行うわけです。
「会派 新風」は、様々な事象に精通したプロフェッショナルな議員、また良識ある議員ばかりですので、本当に勉強になります。
変な本を読むよりも、会派室に行った方が良いくらいですわ。
中村会長をはじめとされる、「新風」の皆さんには、普段から何かと気を遣ってもらってまして、本当に感謝しています。
良く同年代の方に「同僚が年配の人ばかりで大変だろう?」とか「話が合わんだろ?」とか言われますが、逆に可愛がっていただいているんじゃないかと思います。
松田の選択は間違っていなかったなと、本当に思いますわ(^O^)/


さて、午後からは建設環境委員会。
環境下水道部からの報告事項が2点でした。
●「し尿収集業の料金改定」にかかる審議会の流れ
●旧クリーンセンター解体工事の入札報告

ということで、今日の仕事は終わり。

実は今日ちょっと調子に乗っちゃってて、議会事務局の方に怒られちゃいました。
ごめんなさい。

しかも、直後に「ガイナーレ水口監督引責辞任」のメールが...。
と言うことで、ちょっとヘコミ気味な 松田ただし でした。


今日の体重77.4㎏

| | コメント (0)

お盆休み

Photo

こんばんは、松田ただし です。
皆さんお盆はいかがお過ごしでしたか?
松田は
13〜14日 キャンプ
14〜15日 嫁さんの実家へ里帰り
15日        第38回淀江町盆踊り花火大会
と言うようなスケジュールでした。

さて、松田一家は、先輩方のご家族とのキャンプに参加させていただきました。
会場は日吉津村海浜運動公園キャンプ場。
http://www.hiezu.jp/gyosei/shisetu/kaihin.html
ここは、2004年に米子JCの国際委員会事業で「国際交流キャンプ」を開催させていただいた、松田にとって思い出深い場所です。

子どもたちは初のテント宿泊で大張り切り。
羊の丸焼き、サンゲタン(←松田の手作りです!!)等の普段家では食べられないごちそうをいただいた後、テントでのお休みタイムです。

しかし、暑くて眠れない。
もう湿気というか、なんというか独特のベタベタ感が体にまとわりついちゃって、もう最悪でした(^_^;)
そう言えば件の事業の時も暑くて寝られんで、車の中で寝てましたわ。
というわけで、順調にインチキアウトドア人間ぶりを露呈していたわけですが、翌朝の魚釣りタイムで事件は起きました。

近くの漁港で、「あこ」とキス釣り・アジ釣りを楽しんでました。
タコが釣れたり、あこもメゴチを釣って「アンギャーが釣れた〜」と大騒ぎ。
(「アンギャー・アンギャース」については後日詳しく説明いたします。)
ここまでは、まったりとしたファミリーフィッシングで終わるはずでした。

そろそろ片付けようと思い、しばらく放っておいた仕掛けを上げてみたところ、針に「ゴミ」が。
そのゴミをおもむろに摘んだところ、何とも言われぬ激痛が...。
ゴミの中に毒魚「ハオコゼ」が潜んでいたのです。
一番上の写真の野郎なんですが、ヒレに毒があるんですわ。
見る見る腫れてくるわ、もう本当に痛いわで、いてもたってもいられずあこに付き添ってもらって(なんだか、寂しくて)労災病院に。
しかし、30分ほど待っている間に、腫れも痛みもウソのように軽減。
松田「おい、あこ。なんだか治っちゃったみたいだけどどうしよう。」
あこ「...」
結局診察を受けて帰りました。


教訓、「お盆に殺生はいけません」

何はともあれ、釣り上げた魚たちは、天ぷらにしておいしくいただきました。

画像下から2枚目は、「盆踊り花火大会」で傘踊りをする「あこ」です。
Sakana1_2
Sakana2_2
Hanabi1
Hanabi2_2

| | コメント (0)

灼熱!! ガイナーレフェスタ2007

Gaina1_2
「ガイナーレフェスタ2007」超炎天下の中、実施させていただきました。
もう、むちゃくちゃ熱かったですよ...。
終わった頃には、設営チームはフラフラでした。

しかし、167名の子どもたちと代表軍団のサッカークリニックは大盛況。
子どもたちの笑顔、そして代表軍団の笑顔も本当に輝いていましたよ。
でも、参加してくれた小学生たちは、「ソーマ」も「ゾノ」も知らないみたいでして、どっちかというと、親御さんの方が興奮気味でした。
松田の同級生たちも、代表軍団にサインをもらって大喜びでした。
あっ、相手チーム「三菱水島FC」の連中も、写真撮りまくってましたわ(笑)

前園さんの松島マネージャーが仰ってました。
「J1の若い選手たちも「ゾノ」に取材されるとフリーズしますよ。小学校の時に、ゾノさんのプレーにあこがれてましたって(笑)」
アトランタオリンピックで、ブラジルをやっつけちゃったという「マイアミの奇跡」を起こしたチームのキャプテンですもんね。
実は松田ただし あの試合、会社をサボってテレビにかじり付いていたことは内緒です。
(浅尾部長ごめんなさい)

サッカークリニック終了後は、ビッグフラッグに寄せ書きをしてもらいました。
ビッグフラッグを使っての応援は、ちょっと風が強くて不発気味でしたが、協力してくれた子どもたちには、感謝です。


今回本当に素晴らしい事業が出来たんじゃないかと思います。
米子みたいな地方都市に住んでると、サッカー・野球に限らず、一流アスリートとふれ合う機会というのはなかなか無いかと思います。
昨日の参加してくれた子どもたちの心の中に、思い出の中に、
「ソーマと試合したんだぜ」
「ゾノからボール取ったんだぜ」
「女の子でもオーベさんみたいに上手になれるんだ」
こんな想いがちょっとでも残ってくれれば幸いです。
そして代表が、世界に羽ばたく選手が生まれてくれれば言うこと無しですね!!

私どもの無理なお願いに対して、本当にお忙しい中こころよく駆けつけていただいた、前園真聖さん・相馬直樹さん・大部由美さん、本当にありがとうございました。

そして、米子JCガイナーレ委員会 服島委員長、田辺副委員長、本当にお疲れ様でした。
この「ガイナーレフェスタ」ですが、米子JCとして初めて取り組んだ事業でした。
本当に雲を掴むような議論の中での、事業構築でしたが「心のこもった」設営が出来たんじゃないかと思います。
これまでのプロセスの中で、きつい事も言ったかも知れませんが、勘弁してくださいね(^_-)-☆
ガイナーレ委員会のみんな、本当にありがとうございました。

さて、試合の方はと言いますと...。
何度もあった決定機を決めきれず、このクソ暑い中駆けつけた約2400人の声援も及ばず、0−1で敗退。
これで勝ってれば、言うこと無しだったんだけどな〜。

PS,ガイナーレ弁当は、15時試合開始という時間帯もあって、余っちゃいましたが、お買い上げ頂いた皆さんには感謝を申し上げます。ブログ特典は当日無理を言って出店していただいた米子市水道局謹製「よなごの水」でした。

山陰中央新報の記事です。
http://www.sanin-chuo.co.jp/sports/modules/news/article.php?storyid=440432089
Gaina2_2
Gaina3_2
Gaina4_2
Gaina5_2
Gaina6_2

| | コメント (2)

明日は「ガイナーレフェスタ2007」

Gainare_f2007
明日はいよいよ「ガイナーレフェスタ2007」です。

我が「米子JCガイナーレ委員会」は、朝から設営で大わらわになる予定。

今回のイベントは、代表軍団サッカースクールをメインに、縁日コーナーを設ける等、屋台ブース強化。
代表軍団(←なんか気に入った)サイン会、ハーフタイムにはサインボールプレゼント抽選会等、がいな祭で傷ついた体に鞭打って、米子JCの全力を結集してお贈りします。
また、今まで持て余され気味だった「ガイナーレビッグフラッグ」を本来の使い方をしてみたいと思います。
お楽しみにε=┏( ・_・)┛


さて松田の仕事は、ゲストのアテンド。
米子空港まで、前園さん・相馬さんの送迎、会場内での誘導といったところが主な仕事です。
会場で見かけたら声をかけて下さいね。
当初、前園さんは今日米子入りする予定だったんですが、テレビ番組の都合があわず、明日になっちゃいました。
いろんな話が聞けると思ってたんで、ちと残念。

明日も暑くなりそうですが、東山はもっと熱くなりそうな予感。
多くのみなさんのご来場を、心よりお待ちしております。


松田の嫁さんと妹が「ガイナーレ応援弁当」の販売もしてますんで、よろしくお願いしますね〜!!
東山価格 600円です。
今思いついたんですが、ブログご愛読特典つけます。え〜と、「ブログ見たよ」と言ってください。
お弁当に「何」かを付けさせていただきます。


12:00  前園・相馬・大部軍団サッカースクール
14:00  代表軍団サイン会(整理券を13:00から配布します)
15:00  ガイナーレ VS 三菱水島 キックオフ

| | コメント (3)

テロ特別措置法の延長

Kaiji

「テロ特別措置法の延長」を巡って、民主党小沢代表が「アメリカ」に牽制をかけています。
曰く「アメリカの戦争には荷担出来ない。」
しかもアメリカの担当者との協議は、プレスに公開との念の入れよう。
(アメリカに恫喝をさせないため?)

この真意はどこにあるのでしょうか?
正直、私には良くわかりませんわ。
あの人のやることは、額面通りには受け取れませんもん。
たしか小沢代表の息子さんは、海上自衛官だったような気が...。


民主党はもともと寄り合い所帯、そして支持母体は「労働組合」。
この事を勘案すると小沢一郎曰くの「アメリカの戦争」に荷担する事など、到底飲めませんわな。
労組の考え方は、「憲法九条堅持」「自衛隊はダメ」。
ちょっと前、某製紙会社労組のOB会資料を見たんですが、このような文言があちこちに踊ってましてビックリしました。

今の民主党には「外交」は正に鬼門でしょう。

今はあくまで「参院第一党」であり「野党」の民主党が、仮に衆院選で勝利を収め「与党」となった場合でも、このような物言いが現実的に出来うるのか?
もしも強行すれば、アメリカに見放される事はもちろん、国際的に孤立、行く行くは野党の皆さんが主張される「憲法九条堅持」が揺らぐような結果になるんじゃと考えるのは松田だけでしょうか?

あと、今日のテレ朝のニュースで、北朝鮮問題(南北朝鮮首脳会談)についてのニュース大谷昭宏がこういった趣旨の発言を。
「日本が国際的に取り残されるから、拉致問題のみを声高に叫ぶことは止めた方がいいのでは...」
被害者の家族の前で言ってください。以上。

海自のテロ特措法に基づく活動
http://www.mod.go.jp/msdf/about/haken/hakenkyouryoku/zyoukyouphot/index_z.html

大谷事務所
http://homepage2.nifty.com/otani-office/

| | コメント (1)

委員会視察 岐阜市

Satonoda
最後は岐阜市。
野田聖子VS佐藤ゆかり の岐阜市です(^_^;)
岐阜市議会事務局の人に「本当に仲悪いの?」と聞いたところ、「ノーコメント」との事でしたんで相当なんでしょう(笑)
Gifu1_2

さて、生ゴミの堆肥化事業 について勉強してきました。
実はこの事業、先般より米子市も県と共同で、実験的に実施しています。
松田は知らなかったんですが、岐阜市は「堆肥化事業のパイオニア」として有名らしいです。
近隣の名古屋市はもとより、全国から多くの視察団が来るそうです。

他市ではずっと寝てた、某市民迎合会派の議員が、この日だけ起きてたのは内緒です。
さて、岐阜市の取り組みですが、対象地区を設定し生ゴミの収集〜処理までをNPOに委託。
市としては、施設を貸し出すと言うスタイルみたいです。
地道な活動で、着々と対象地域を増やされているそうで、大変感銘を受けました。

話はそれますが、岐阜駅前の再開発が進んでいました。
http://www.geocities.jp/tunemaru_gifu/redevelopment.html
ひときわ目を引くのが、下から2枚目の写真のビル。
「岐阜シティータワー43」と言うらしいですが、この建物だけ文字通り「突出」していました。
http://www.geocities.jp/tunemaru_gifu/redevelopment-bA.html
なんでも、地上43階建て高さ160mの商業・居住の複合ビルということで、居住系の建物では日本最大だそうです。
分譲マンションの競争倍率は6倍。
市の手出し150億もあっという間に償還出来る試算みたいです。
米子駅の再開発もこういった目玉事業を持ってこないとダメですよね。
やっぱり、米子駅スタジ....(←しつこい!!)

あっそうそう、岐阜駅をぶらぶらしていると、現在JFL5位の強敵「FC岐阜」のグリーンスクウェアが。
(写真一番下)
あれ?どっかで聞いたことがあるネーミング?
考える事はだいたい一緒ですね。
ちなみに「岐阜ウェア」は休業中でした。
これだけは勝ち。
http://www.fc-gifu.com/

さて、岐阜市で採用されている、トウモロコシから作られた生分解性ごみ袋の説明を受けた時の1コマ。
「この袋、良いですね〜」
と、さっきのお昼寝議員は興味深々。

あの〜 米子市の試験事業でも取り入れてるって、この前の委員会で説明ありましたよ…。
全然聞いてないんですか?


と言う事で、関連して最後にちょっと小言を。

委員会視察で毎回思うんですが、説明を聞いていない方、また先方に失礼な発言をされる方が本当に多いんです。

○先に質問した議員と全く同じ質問をする。
○ほんの数分前に事細かく説明された事柄を質問する。
○わざわざ時間を割いて「視察を受け入れて下さっている」街を小馬鹿にしたような発言をする。
○説明中に寝る。

こんな事が何回もあり、本当に恥ずかしい思いをしました。
これらの事は、会派視察ではほとんどありません。

真面目に視察に行ってる議員も「米子市議会」ということで、一緒くたにされちゃいます。
ひよっこが生意気な事を言う様ですが、本当になんとかしていただきたいと思いました。

Gihu2_2
Gifu4
Gihu3_2

| | コメント (2)

委員会視察 伊勢市

Ise1

伊勢神宮の伊勢市です。
伊勢市では「神宮」=「伊勢神宮」ということで、“伊勢”神宮とは言わないで、あくまで「神宮」と言うそうです。以上まめ知識。
http://www.city.ise.mie.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

伊勢市では
●水道業務の民間委託
●墓苑事業「やすらぎ公園」
の2項目について勉強してきました。

水道事業の民間委託
○料金徴集
○水源施設の維持管理
等を民間に委託していらっしゃいました。
効果としては、経費削減の他、料金の未収が大幅に減ったそうです。
その理由としては、こまめな顧客対応があげられました。

なんで、そのような効果があがったか?
民間企業のノウハウがあったというのはもちろんなんですが、契約時の取り決めで「徴収率のアップ」と言う項目があったことが大きいようです。
幸い米子市の水道料金の徴収率は良い(水道局の努力の成果かな?)んですが、大変参考になるお話でした。


墓苑事業「やすらぎ公園」
15000区画もある、3セク事業です。
http://www.city.ise.mie.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1152228968697&SiteID=0
現在はなんとか「とんとん」で運営できてるみたいですが、立ち上げ時は大変だったみたいです。
伊勢市議会の議長さん自身(職員時代)も飛び込み営業に回ってらっしゃったとの事。
この施設、プールも併設、無料バスも運行等、至れり尽せりでした。
http://www.city.ise.mie.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1116912745225&SiteID=0
また、伊勢市内はもちろん近畿、中京地区の顧客もいらっしゃるそうです。

米子市では「北公園墓地」が借金だるまになっています。
http://www.yonago-city.jp/section/kanri/kanri20050803.htm

先般の委員会で、公明党の 原 議員が「関西方面等にも販売営業をかけたら?」と提言していましたが、まさにその通りだと思います。
例えば、「大阪鳥取県人会」とかに声がけしてみるといいかも知れないですね。

さて、の種事業を行政主導で行うと、「造成しておしまい、販売は…」という傾向が往々にしてあります。
「米子流通業務団地」もこの類いです。
地域性もあるとは思いますが、「売り先の確保」、ここをはずしてはダメだなと感じました。
http://www.yonago-city.jp/section/danchi/ryutsu/index.htm

Ise2_2
Ise3_2

| | コメント (0)

委員会視察 富田林市

Tonda1_2
委員会視察の報告を。

富田林市
PL教と、PL学園があるまちです。
視察翌日が有名な「PL花火」があるということで、同市での宿泊は出来ませんでした。
富田林と言えば、「松田 正」の大学の同級生に、一文字違いの「松田一正」って奴がいまして、彼の実家が富田林でしたんで一回だけ行ったことがあります。
この度はバタバタしてて連絡しなかったんですが、年賀状によると、通風になったとのこと(^。^)
元気にしてますかいな〜?
あんまり酒飲むなよ〜。

「PFI方式を導入した市設置型浄化槽整備事業」の勉強をしてきました。

PFI(Private Finance Initiative)とは、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う新しい手法です。

内閣府ホームページからの抜粋です。
http://www8.cao.go.jp/pfi/aboutpfi.html

要は公共的事業を建設、運営、維持管理「丸ごと」民間企業に委託してしまおうというという制度ですね。
民間主導型公共事業とも言います。

メリットとしては、
○市の負担軽減
○設置までの時間短縮
○民間のノウハウを生かした顧客対応
等があげられます。

富田林市では下水道が将来的に整備が難しい思われる地区を限定。下水道整備認可地域から除外し、この「PFI浄化槽」の設置事業を行ったとのことでした。

米子市においても下水道整備の問題は深刻です。
整備完了が、何年後いや、何十年後になるのかわかんない地区(大篠津・葭津地区)なんかは、こういった制度をどんどん導入していっても良いのではと感じました。

ちなみに、この「PFI浄化槽」制度を導入したデメリットは「無い」そうです。

富田林市「PFI関連情報」
http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/public/section/gesuidou/pfi/index.htm

| | コメント (0)

まんが

面白い「まんが」を拾いました。

http://www.jichiro.gr.jp/tsuushin/721/vol01.pdf
http://www.jichiro.gr.jp/tsuushin/722/vol02.pdf
http://www.jichiro.gr.jp/tsuushin/723/vol03.pdf
http://www.jichiro.gr.jp/tsuushin/724/vol04.pdf
http://www.jichiro.gr.jp/tsuushin/725/vol05.pdf

いかがでしたか?

| | コメント (2)

うみがめ産卵ツアー

Anan6_2

「うみがめ産卵ツアー」行って来ましたよ。
松田ただし、実に3回目の阿南入りです。
(下記は「初 阿南」の模様。)
http://tadasix.cocolog-nifty.com/matsudatadashi/2006/08/post_d2ab.html

米子市と阿南市は「災害時相互応援協定」を結んでいまして、その縁で昨年よりJCも交流を始める事となりました。
http://www.yonago-city.jp/section/bousai/soumu20050622.htm

今回は初めての交流事業と言うことで、バス2台の大挙70名(一般の参加者も含めて)で押しかけたわけでございます。
まず、阿南駅に隣接する、「光のステーションプラザ」にて、阿南の一大産業「LED(発光ダイオード)の工作体験」です。
阿南市は「青色LED」の日亜化学のお膝元名なのです。
http://www.nichia.co.jp/

皆さん覚えてらっしゃいますかね?
青色LEDの開発者に、200億の損害賠償を求められ、8億円「ふんだくられた」例の会社です。

というわけで、「ここ」と★を作ってみたんですが、点灯しませんでした。
しかも、苦労して組み上げた作品は、もらえるのかと思いきや、ダメ。
子どもたちと、ちょっぴりがっかりしてたんですが、プレート一枚が、1000円以上すると後で聞き納得です。
 

失意の松田一家は、一路「うみがめ」が産卵の為に上陸する、美波町 大浜海岸「うみがめ荘」へ。
http://blog.goo.ne.jp/umigameso
遅くまで待っていたんですが、とうとう「うみがめ」は上陸しませんでした。
聞くところによると今シーズンは17頭(昨シーズンはたった 2頭!!)しか確認されていないそうです。
そりゃ、なかなか「当たり」ませんわね。

しかし、隣接するうみがめミュージアムにてしっかりうみがめの勉強をしてきた、松田一家でした。

そして、翌日は「阿波踊り体験交流」
地元の「連」の方たちにレクチャーを受け、一緒に踊ってきました。
毎回感じるんですが、「阿波踊り」のパワーは凄いです。
松田は、積み重ねられた「歴史」かなと思うんですが、その「迫力」には本当に圧倒されちゃいます。
会場の都合上、参加いただいた人数(講師って言ったら良いですかね?)は通常の1/3位だったんですが、「阿波踊り」に初遭遇した松田の嫁さんも「すごい、圧倒された。」と言ってました。
お子さんと一緒に来られた親御さんが、嬉々として踊ってらっしゃったのが印象的でした(^_^)b
未体験の方は是非一度体験される良いと思います!!


と言うわけで、非常にザックリと書いちゃいましたが、本当に濃厚な2日間でした。
子どもたちも、本当に良い思い出が出来たと思います。
舞立委員長をはじめとされます「米子JC青少年委員会」の皆さん、そして「阿南JC」の皆さん本当にお世話になりました。
ありがとうございました!!

下記の写真、上から
LED成功例
LED失敗例
うみがめの産卵地「大浜海岸」
うみがめに怒られる松田
阿波踊り体験

Anan4_2
Anan5_2
Anan1
Anan3_2
Anan2_2

| | コメント (0)

帰ってきたのに...

Rank
Umigame_2

いや〜、やっと(昨日ですが)視察から帰ってきました。
台風の影響も考えられましたが、なんとか時間通りに無事生還。
(乗り換えの岡山駅では、四国方面行きは全便運休でした。危ない危ない。)
帰ってきて久しぶりに「鳥取県議員HPアクセスランク」を見ましたところ、なんと初のトップ5入りを果たしていました!!
http://parh.net/rank/rank_tori/
皆さんのお陰でございます。
今後ともよろしくお願いしますね。


さて、久しぶりの米子で落ち着いたのもつかの間、明日から”また”四国遠征です。
米子JC青少年委員会の事業「うみがめの産卵観察ツアー」への参加です。
場所は阿南市。
去年から交流をはじめた、米子JCと阿南JCの”初”交流事業です。
なんとこの企画、なんと募集開始から2〜3日で参加枠が埋まってしまうほどの大人気企画になりました。
うみがめパワー恐るべし...。

松田親子は追加枠でのお情け参加です。
子どもたちは大のぼせで、完全に遠足前日モードです。
今夜は、なかなか寝付いてくれませんわ(^_^;)

台風で海が「かき混ぜ」られてるんで、カメが上陸してくるのかは定かではありませんが、大変楽しみです。
舞立委員長!! ミラクルをたのみまっせ!!

ところで、我が「米子JCガイナーレ委員会」のメイン事業「ガイナーレフェスタ2007」の元日本代表サッカークリニック。
おかげさまで、募集枠を越える応募を頂きました。
(只今キャンセル待ちです。)
スクールの枠は埋まっちゃいましたけど、あの前園、相馬、大部と生サッカー観戦が出来ます。
東山で待ってますね!!

| | コメント (0)

委員会視察 最終日

今回の建設環境委員会の視察も今日で終わりです。
昨日は伊勢市で「水道業務の民間委託」と「3セクによる公園墓地事業」を勉強してきたんですが、今日は岐阜市にて「生ゴミの堆肥化事業」についての勉強です。

こんなふうに、行政視察では先進的な取り組みをしている自治体を訪ねて、主に役所の方に当該事業についての説明を受ける訳です。
もちろん、今の米子市にぴったり当てはまる事案も在るわけですが、そうでない場合もあるわでして、必ずしも100%役立つとは言いきれない部分もあるとは思いますが、松田のようなヒヨッコ議員には物凄く刺激になります。
出来るだけ多くの「何か」を持ち帰り、少しでも米子市政に還元したいと思います。

しかし、携帯入力は疲れますわ(ノд<。)゜。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »