« あれから一年。 | トップページ | 6月議会閉会しました。 »

公立保育園の民間委託

Bear1_1

昨日、尚徳にある「保育園ベアーズ」さんにおじゃましてきました。
会派新風の「谷本議員」のご兄弟が経営されている、「民間経営」の保育園です。
小児科医院も併設されてるため、少々の病気なら全く心配なし、病児保育も可能というスーパー保育園です。
詳しくは下記リンクを。
http://www.bears999.com/

松田ただし、ある程度は判っていたつもりだったんですが、「民間」と「公立」の違いに愕然としました。

玄関はもちろんオートロック、緊急放送を電話の子機で行える等々、セキュリティー体制は万全。
ちなみに私の「某母園」は、玄関の扉に「バカでかいスズ」が付いているだけという、鉄壁の体制です...。
(補足 警備会社と契約、職員も不審者対応の研修も行ってます。)

もう一つ気が付いたことが下の画像。
玄関のアルミ扉に変なカバーが。
こどもの指はさみ防止のカバーだそうです。
こう言った細かい心遣いが出来るのも、間違いなく「民間経営」だからです。
私が去年の6月議会で「保育園・学校のセキュリティーの向上」について質問しました。
所用で学校・保育園を実際に訪ねたんですよ。


ほぼノーチェック。


市のコメント「松田さんは顔が知れてますから...」
(-.-;)y-゜゜


公立保育園の民間委託が議論されていますが、反対派の声は依然と大きいものがあります。
組合関係の議員を中心に。


先日、東町にある「仁慈保幼園(ここも民営)」に、がいな祭のお願いで行ったときも、なかなか中に入れなくて困っちゃいました。
ぜひ皆さんには「現実」を観ていただきたいと思いました。
Bear2

|

« あれから一年。 | トップページ | 6月議会閉会しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あれから一年。 | トップページ | 6月議会閉会しました。 »