« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

6月議会閉会しました。

19年6月議会が先ほど閉会しました。
こんな言い方しちゃマズイかも知れませんが、議員になって初めて粛々と流れた議会でした。

18年7月   イズミ問題
18年9月   ごみの有料化
18年12月 下水道料金の値上げ
19年3月   予算案否決

と、過去全議会において、もめまくってましたもん。
なんだか、あっという間の一ヶ月でした。
議会の雰囲気に慣れてきたというのもあるかもしれませんね。

さあ次は9月議会です。
あっ、その前に、保育園まつり・参議院選挙・米子がいな祭・ガイナーレフェスタ・サイクルカーニバル等々ということで、この夏はイベントだらけで、めちゃくちゃハードではありますが、なんとか乗り切ってまいりたいと思います。

そういえば明日「鳥取バードスタジアム」に初めて行って来ます。
ガイナーレさんお願いです。
後期開幕戦です、圧倒的な大勝利でストレス解消させてくださいよ〜!!

| | コメント (0)

公立保育園の民間委託

Bear1_1

昨日、尚徳にある「保育園ベアーズ」さんにおじゃましてきました。
会派新風の「谷本議員」のご兄弟が経営されている、「民間経営」の保育園です。
小児科医院も併設されてるため、少々の病気なら全く心配なし、病児保育も可能というスーパー保育園です。
詳しくは下記リンクを。
http://www.bears999.com/

松田ただし、ある程度は判っていたつもりだったんですが、「民間」と「公立」の違いに愕然としました。

玄関はもちろんオートロック、緊急放送を電話の子機で行える等々、セキュリティー体制は万全。
ちなみに私の「某母園」は、玄関の扉に「バカでかいスズ」が付いているだけという、鉄壁の体制です...。
(補足 警備会社と契約、職員も不審者対応の研修も行ってます。)

もう一つ気が付いたことが下の画像。
玄関のアルミ扉に変なカバーが。
こどもの指はさみ防止のカバーだそうです。
こう言った細かい心遣いが出来るのも、間違いなく「民間経営」だからです。
私が去年の6月議会で「保育園・学校のセキュリティーの向上」について質問しました。
所用で学校・保育園を実際に訪ねたんですよ。


ほぼノーチェック。


市のコメント「松田さんは顔が知れてますから...」
(-.-;)y-゜゜


公立保育園の民間委託が議論されていますが、反対派の声は依然と大きいものがあります。
組合関係の議員を中心に。


先日、東町にある「仁慈保幼園(ここも民営)」に、がいな祭のお願いで行ったときも、なかなか中に入れなくて困っちゃいました。
ぜひ皆さんには「現実」を観ていただきたいと思いました。
Bear2

| | コメント (0)

あれから一年。

Tousen_2
昨年の選挙から、ちょうど1年が経ちました。
この一年ほんとうに多くのことを経験、勉強させてもらったと思います。
一年前の松田と、今の松田。
皆さんには、どんな風に映って見えますか?

一番よかったなと思うのが、このブログを続けてきた事です。
文章作成のスピード、また市民の皆さんとの意見交換と、いろんな意味でスキルアップ出来たんじゃ無いかと思います。
何事も継続は大事だなと感じました。


さて、昨夜は「淀江地区地域審議会」がありました。
議題は、「どんぐりバス」のルート変更および値上げについての意見聴取でした。
どんぐりバスとは、旧淀江町内を巡回する100円バスです。
高齢者のみなさんが米子東病院(旧大淀会)へ利用されるパターンが最も多いみたいです。
ちなみに「だんだんバス」の値上げも同時に計画されています。
詳細は下記。

○ルート変更
要望の多かった「ジャスコ」まで延長する。
それに伴って、中心市街地向け路線への連絡を実現する。

○料金改定
100円→150〜160円に引き上げ。
ルート変更は申請の都合10月、値上げは8月。

ということで審議会委員のみなさんからは、大きな不満が噴き出したわけです。
まあ当然のリアクションですよね。

主な意見として、
1、ルート変更は評価する。
2、値上げには絶対反対。
3、福祉バス的な意味合いが非常に強い「どんぐりバス」と「だんだんバス」を同一に扱うことは認められない。
4、経過措置として取り合えず据え置いて様子をみてほしい。
5、財政健全化の一環であるから仕方ない。
6、利用促進策を講じるべき。

と、ほとんどが否定的な意見でした。
というわけで1・2・3・4の感じで意見書を提出されるそうです。
昨日は、僕も同会派の渡辺議員もあえて静観してました。
共産党さんは息巻いていましたがね。
http://jcpy.sakura.ne.jp/m/?p=294


こういったローカルバスは「ほぼ補助金(交付税)」で運営されています。
県の補助金(150万円)は無くなりました。
そして国からの補助(交付税措置財源の80%)の先行きが読めない。
こういった状況下での「路線存続」の為の苦肉の策であったと思うんです。
確かに説明の仕方に問題はあったと思います。
でも感情に走っていたずらに反対しちゃうのもどうかなと...。

「だんだん」と「どんぐり」、実は、同一の福祉向上目的の補助対象路線です。
仮に「だんだん」と「どんぐり」を切り離して論じた場合、この値上げでおおよそ黒字に近づく「だんだん」は存続。
全然足りない「どんぐり」は廃止もしくは、さらなる値上げも考えられるんですよ。
こういった面の説明を丁寧にすれば、理解は得られると思いますが、昨日の雰囲気ではちょっと出来んですかね...。

「地域の為になにが出来るのか」2年目の 松田ただし にとって大きな課題です...。

ところで、なんだかクソ忙しい毎日をのなかで、僕も嫁さんも、結婚記念日(6月24日)をすっかり忘れていました。
嫁さんは去年も忘れていましたが(^_^;)

| | コメント (3)

奉仕作業

こんにちは、雨の週末なりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
僕はといいますと、選挙やら、がいな祭やらでバタバタですわ(^◇^;)

そんなか、土曜日は淀江保育園の「奉仕作業」をしてきました。
「奉仕作業」と言っても、ややこしいものではありませんで、いわゆる「掃除」です。
今回は「草取り」と「ふじ棚の剪定」をしてほしいとのことでしたんで、無駄にデカい松田はもれなく「ふじ棚の剪定」班に配属されました。
と言っても、中学時代部活の先輩だった、Iさんとの2人ですがね。


というわけで、毛虫等の気持ち悪い連中と格闘しながら、写真の通り綺麗さっぱり刈り込んでやりました。
一部ごっそり取れちゃいました...。
これで子どもたちも爽やかな過ごせるかな?

参加いただきました、保護者会のみなさん本当にありがとうございました。
Fuji

| | コメント (2)

米子市の財政

もりさん から下記のコメントを頂きました。


”土曜日の朝日新聞の一面に、米子市の連結実質赤字比率が-18%とのことありました。
何故こんなにも赤字なのでしょうか。
米子市では、財政指標の対象範囲である「連結実績赤字比率」や「実質公債費比率」、「将来負担比率」についてどうのように話し合われているのでしょうか。”


ちょっと遅くなりましたが、回答を。


「何故こんなにも赤字なのでしょうか。」
下水道事業、流通経済団地の負債が主な原因です。
米子市では、財政指標の対象範囲である「連結実績赤字比率」や
 連結バランスシートの作成は平成17年度決算を元に、初めて作成されました。従来の財政指標は一般会計の収支だけを基準に作成するのが基本とされ、過去4年間(野坂市長就任以来)プライマリーバランスの改善が図られてきました。米子市の会計は、一般会計、特別会計、外郭団体、一部事務組合、水道事業等の企業会計がありまして、米子市全体の債務を、最終的には市民が負う必要があることから、連結バランスシートを総務省が示したところです。ただし、現時点ではまちまちの比率が報道されています。(朝日18%・日経12.5%)理由としては、比率を計算するときの拾い出しの根拠が明確になっていないためで、今年度総務省により一定の指針が示され、全国比較が出来るようになるみたいです。
 
 現時点の米子市が赤字になってる原因は、特別会計における繰上充用金が要因です。
(繰り上げ充用とは、赤字の会計において次年度分の収入を繰り上げて使うことです。)

 「実質公債費比率」(特別会計等を含んだ借金の割合)の計算も平成18年から、従前の計算方法から変更になり、新しい計算式の元行われるようになりましたが、17年度決算にもとづいた数値は16,4%、国の示す危険ライン18%以内で収まっています。
 ただし、今後の財政状況次第では、この比率が急激に悪化することも十分考えられます。

「将来負担比率」について
 今6月議会で会派の谷本議員から質問したんですけど、先般人口統計が発表され、鳥取県の人口が50万人を割る予測が出ました。人口の減少に見合う、負債額は市民として当然望むものであり、公平な世代間負担が行えるよう、今後の公共事業が慎重に対処されるよう議会の責務でもある監視機能を強化する必要を議論しているところです。

ちょっとややこしいすが、以上のような感じです。
かなり厳しい現実がありますね...。
次世代の子どもたちに少しでも負担が掛からないように、継続的な働きかけをしていきたいと思います。
Somen2_1

| | コメント (4)

「参院選」と「米子がいな祭」

Opp1_1
昨日も自民党車「わかとり号」で一日中騒いでいました。
お騒がせしてすいませんでしたね(^_^;)
ということで、参院選に向けての雰囲気も盛り上がってまいりましたが、どうも恐れていたことが現実になるみたいです。


「参院選」と「米子がいな祭」のバッティングです。


今朝の日本海新聞の記事にもなってましたが、国会の会期に伴って、投票日が当初の7月22日から29日にずれちゃうみたいです。
がいな祭は28日(土)がパレード・万灯 29日(日)は花火の予定でして、まともにぶつかっちゃうんですよ。
ご存じの方もいらっしゃるかもしれんですけど「米子がいな祭」は松田の参加してます、「米子青年会議所(米子JC)」が主体となって運営しています。
(市役所は、あ・く・ま で「ヘルプ」です。)
かく言う松田も、今年は「オープニングパレード」のリーダーです。
大きな問題が発生しちゃいましたね...。


新聞記事によると、影響は下記の点。
1、職員参加のパレード・万灯
2、職員の警備配置数不足
3、児童文化センターが投票所になっている
4、市役所駐車場等の問題
5、交通規制

1、2 ま、職務に専念してください。どうってことありません。
3  花火と、かぶっちゃうみたいですが、投票所から外されるみたいです。混乱の無いように案内を行ってください。

問題は4、「市役所駐車場の問題」と5、「交通規制」です。
市役所は29日(日)の投票所にはなっていません、しかし28日(土)までは「期日前投票」の投票所になってるんです。
現状によりますと、有料駐車場(ゲートのある方)は開放してくれるみたいなんですが、玄関前のスペース・一階ロビーの使用は出来ないみたいなんですよ。
例年は有料駐車場にパレード・万灯の参加者の皆さんに集合していただき、玄関前を経由して駅前通りに誘導していました。
また、オープニングパレードに出てくれる子ども達(ブラスバンドとか)の待機場所は、炎天下での待機時間を減らすため、市役所一階ロビーでした。
そして、市役所周辺道路はほとんど「通行止め」です。
今の流れで行っちゃうと、通行止めは解除しないとダメですし、子ども達は炎天下で待機と言うことになっちゃいます。
混乱は必至ですね...。
これから折衝が始まると思うんですが、何とかせんといけんですね〜。


選挙は本当に大事です。
ただ「祭」も大事だと思うんですよ。
市役所・選挙管理委員会にはぜひ「柔軟な対応」を願いたいものです...。


Opp2_1

| | コメント (4)

呉越同舟じゃなくて...

この前も書きましたが、日曜日は本当にハードでした。
なんだか赤沢代議士、廣江県議とは朝から晩まで一緒でしたわ。
なんなら、僕も一緒に運んでもらえば良かったです(笑)
思い返せば、前日の夕方からそんな感じでしたし。
いつも大変お世話になっているお二人ですが、なかなかここまでスケジュールがかぶることは無いですけんね。

呉越同舟ならぬ、自民同舟ですか?

我ながら、つまらん。しかも意味が判らん(-_-メ)
こんな感じで壊れてますんで、今日はここで止めときます。

画像貼りました。
上から
○上村県議会副議長のパーティー
○松田の席(斉木県議、永瀬商工会議所会頭にはさまれる...)
○米子駅フォーラムで四面楚歌の市長(超満員でした!!)
○赤沢亮正と語る会in淀江(こちらも満員!!)
○司会の松田
Uemura
Uemura2
Ekifo_1
Akakou1
Akakou2_1

| | コメント (0)

つねだたかよし国政報告会

Aokimikio_1

昨日はめちゃくちゃ忙しかったです(T_T)
早朝から、自民党の「支部の運営がなっとらん!!」とおしかりの電話をいただき大変爽やかな目覚めだったわけですが、その後も午前中は自民党街宣車で街宣活動。
午後は「つねだたかよし国政報告会」の設営。
出演者のステージ上への案内係をさせていただきました。
ということで、昨日の報告会は、かなり気合いの入ったものだったみたいでして、ちょっとゲストを紹介したいと思います。

斉藤公明党政調会長
赤沢亮正衆議院議員
田村耕太郎参議院議員
平井鳥取県知事
永瀬商工会議所会頭
廣江県議
上村県議
小谷県議
斉木県議
矢田町村長会西部会長
野坂米子市長
山本ひろし公明党比例候補
(順不同。また、もれがあったらすいません...)

そして、参議院のドンこ「青木幹夫参院議員会長」が来られたんで、物々しい雰囲気でした。


公会堂であったんですが、もの凄い警備員(私服警官)の数。
また、会場入り口には、金属探知機。
ステージ上にも暴漢が上がれないように仕掛けをほどこしたり、机にも防弾スクリーン?みたいなもんを取り付けたり...。
VIPが来るとすごいっすね〜。

何はともあれ、無事大盛況の内に実施出来ました。
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。

さて、今日はの予定は
○上村県議の副議長就任祝いの会
○米子駅南北一体化フォーラム
○赤沢りょうせいと語る会の司会
ということで、ハードなスケジュールです。
今日も暑くなりそうですが頑張ってきます!!

※青木さんのホームページ探したんですが、発見できませんでした。今日日、HPが無いことに迫力を感じます...。

| | コメント (2)

質問「1、北朝鮮による米子市民拉致問題について」

Poster_1

こんにちは、松田です。
質問が終わって、なんか今日は気が抜けちゃってますわ。
まだまだ先は長いんで、気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

さて、昨日帰ってから議会中継のビデオ観ました。
やっと我が家にもケーブルテレビが導入されたもんで(^_^;)

しかし自分の映像を見るのって、ホントこっぱずかしいです。
とてもシラフでは観れませんわ。
ということで、かなり酔っぱらいながら見直したわけですが、自分ではかなりゆっくりしゃべってるつもりなんですけど、ものすごい早口ですね、僕。
なんだかへこんじゃいました。
今後の大きな課題です。

そうしますと、とりあえず「拉致」に関する質問のやりとりを書き込みます。

1、北朝鮮による米子市民拉致問題について
松田)工作船による覚醒剤の密輸、相次ぐ地対艦ミサイル演習、人工衛星の打ち上げと称した弾道ミサイル実験、そして世界中を震撼させた地下核兵器実験と北朝鮮による我が国に対する驚異は、衰えるどころか、さらなる拡大をつづけております。
そして、北朝鮮は過去においても様々なテロ行為を我が国に対して行ってまいりました。
その際たる例が「拉致」であります。
そしてみなさんご存じのように日本国民、そして米子市民に対してもその「拉致」というテロ行為は牙をむいていたのです。
昨年、日本政府は米子市民「松本京子さん」を北朝鮮による拉致被害者と認定しました。 
また、北朝鮮による拉致被害者を支援する「特定失踪者問題調査会」は、6月6日、
米子市民、「古都みずこ」さん、「矢倉とみやす」さんに関して「拉致された疑いが濃厚」とするリストに加えると発表されました。
この事により拉致被害者(もしく疑いが強い)米子市民が3名ということになりました。
この山陰の静かな地方都市「米子」において、判明しているだけで、3名もの拉致被害者がいらっしゃるという、本当に由々しき事態であります。
市長にお伺いします。
○ 米子市民が3名も拉致された疑いがあると言うことに対する、市長の想い
○当市における「米子市民拉致問題」への取り組み
以上2点をお聞かせいただきたいと思います。

市長)米子市において拉致の被害者及びその疑いの強い方3名がおられることにつきましては、非常に遺憾なことだと思っております。
 これらの方々につきましては、全容解明に向けての調査の徹底、早期帰国の実現について、関係機関への働きかけに取り組んで参りたいと考えております。
本市では、これまで拉致問題に対する取り組みとして、国、県などへの要望活動、ブルーリボンの配布、署名活動の支援、また市民団体と共同でのシンポジウムの開催などの啓発活動を行ってまいりました。
今後とも、国などの関係機関への要望活動を続けるほか、県との連携を図り、拉致の被害者支援に取り組んでおられる団体などと一緒になって、この問題の解決にあたってまいりたいと考えております。

松田)「北朝鮮による米子市民拉致問題について」なんですが、
私も大変遺憾であり、激しい憤りを感じるものであります。
先ほども申し上げましたが、この問題は本当に許し難いテロ行為であります。
ご答弁いただきました通り、関係機関との連携を密に取っていただき、引き続き被害にあわれたみなさんの早期帰国にむけて取り組んでいただきたいのですが、今後展開されます具体的な連携とはどういったものがあるのでしょうか?

人権政策監)県、関連町村との協議会の発足・街頭啓発等を行ってまいります。

松田)そうしますと、その協議会において、しっかりとした連携をとっていただき一日も早い帰国の実現を目指していただきたいと言うことを要望します。
さて、とは言いましても米子市単独で出来る事と言いましても限界があるのは明白です。直接救出に向かうというようなことは不可能なわけでして、やはりそう言った部分の行動に関しては、政府に委ねなければならないわけです。
現実的に米子市として取り組んで行くべき事は、行政を上げて継続的な啓発を行い、まちの空気を作る事であると考えますが、先ほどの答弁にありました、ブルーリボンの配布なんですけども、議場にいらっしゃる市長をはじめとする皆さんの名札にはブルーリボンが付けられていますよね。
このブルーリボンの配布時期はいつごろだったのでしょうか?
また、どのような方を対象に配布されたのでしょうか?

人権政策監)15年6月に市民の皆さんと職員にお願いというかたちで配布しました。

松田)部長級の皆さんは全員付けてらっしゃいますけど、一般の職員の皆さんはあまり付けないみたいでうすけど、徹底はされていないんですか?

人権政策監)あくまでお願いというかたちで配布したので、装着の強制はできていません。

松田)ちょっと残念です。
じゃあということでしたら、例えば今、和牛共進会向けの名札になっていると思いますが、まあ本心として、はすぐにでも行っていただきたんですけど、共進会終了後の名札にブルーリボンをプリントででもしていただけたらと思いますが、いかがなものでしょうか?

総務部長)前向きに考えます。

松田)是非ともをお願いします。全職員を上げて「拉致」の問題に対する気運を盛り上げていただきますことを、強く要望いたします。
もう一つお伺いしたいのが広報についてです。
市の広報誌「広報よなご」において、拉致の問題について取り上げられたことはありますでしょうか?

人権政策監)ないです。人権冊子「ひゅーまんらいつ」で2回とりあげた。

松田)私も過去にさかのぼって調べてみましたが、「広報よなご」に「拉致」に関する記述がなかった事に大変驚きました。少しのスペースでもかまいません、継続的に啓発して行くことが最も重要であると考えます。
今後「広報よなご」において継続的この「拉致」について取り上げていただきたいのですが、市長いかがでしょうか?

市長)「広報よなご」に人権啓発のページがあるんで、そこで取り上げたい。

松田)前向きなご答弁を頂き心より感謝したいと思います。
先般、米子青年会議所の例会において、「松本京子」さんのお兄様、「松本はじめ」さんにご講演をいただきました。
「妹が”いなくなって”29年が経ちました。」
「妹は休みの日には映画を見に行ったり、編み物をしたりする本当に「ふつうの娘」でした...」
「松本はじめ」さんの言葉です。

「ふつうの娘」がいなくなったこと。
「ふつうの娘」がふつうの幸せを築くことが出来なかったこと。
「ふつうの家族」が壊されたこと。
この全てが、悪意のある国家の工作行為により、生み出された現実です。
そして講演の最後、松本さんはこう締められました。
「1日でも、1秒でも、早く帰って来て欲しい...。」

このような想いをされているかたが、実際に米子市内にいらっしゃるわけです。
私たちの仲間である米子市民がです。

私たち米子市民が、今出来ることは何でしょうか?
「15万米子市民の心が一つになること」
これが、今出来ることじゃないのかなと思います。

そう遠くない将来、この3名の皆さんが米子に帰ってこられたとき、
「おかえりなさい」
と15万米子市民で言えるような雰囲気を作ることが、唯一の「今出来ること」であると思います。
是非とも継続的な取り組みを行っていただくことを心より要望して、次の項目に移りたいと思います。

拉致問題スポットCM
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1034.html

| | コメント (2)

任務完了。

先ほど、今議会の質問を終えました。
テレビをごらん頂いたみなさん、いかがでしたでしょうか?
さて、今回は
1、北朝鮮による米子市民拉致問題について
2、ガイナーレ鳥取について
3、新市の一体化について
について質問させていただきました。

持ち時間30分中、6分余りということでしたが、言いたいことは言い切りましたんで、一段落です。
詳細は、また明日にでも書きたいと思います。


外山恒一別件逮捕?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000002-jij-soci
http://www.warewaredan.com/

| | コメント (0)

やっと出来た...

明日の質問の原稿が、やっとあがりました。
結局いつも前日の夜中なんですよね...。

まあそれでも、少しは早くなったかな?

明日は10:00から出番です。
議会傍聴もしくはテレビ中継で声援を送って下さいね!!

今日は議会以外のことで、いろいろと痺れる事がありまして、ちょっと興奮気味です。
「がいな祭」とJCで企画している「ガイナーレフェスタ」に関してのことなんですが、ちょっとまだ詳細は明かせません。
いずれご報告出来ると思いますので、乞うご期待です。

それでは、お休みなさいzzz

あっ画像は... 「ゾノ」
Umf5_1

| | コメント (0)

6月議会質問戦開幕

6月議会質問戦開幕しました。
松田の出番は13日10時からです。

五郎さんに下記のコメントいただきました。
今議会の質問にも関連しますので久しぶりにサッカー関係で。
-------------------------------------
最近サッカーの話題は無いんですね。
こないだの新聞の記事で1000万出資の件が取りざたされえましたけど、松田議員はどうお考えでしょう?
前知事曰く、民間企業は、「本来は自立するべきもの」と常々言ってましたが、出資についてはあまり良い感情は私はありません。
サッカーは何か波及効果がある!と言うなら他のスポーツも同じくだと思いますがどうでしょう?
-------------------------------------

最近ガイナーレについて、書いてなかったですね。
さて、波に乗りそうで乗らないガイナーレですが、勝点17の12位ということで相変わらず低空飛行が続いています。
昇格枠4位との勝ち点差は8...。
また、順位もさておきホーム戦平均観客動員も目標3000人に対して、実績1872人と1128の不足ということでかなり厳しい現状です。

そんななか、県がとりあえず1000万円(要請は2000万円)の出資を決めました。
平井知事の英断に関しては、僕は素直に「GoodJob」だと思います。
マニュフェストにも「ガイナーレ支援」は明記してありましたし。
平井しんじマニュフェスト
http://www1.ocn.ne.jp/~s-hirai/seisaku.html

しかし、片山前知事の言われる通り、「民間企業は自立するべきもの」です。
行政の負担と、たかだか60万人しかいない鳥取県民の出資(サポートクラブ)だけでは、到底長続きするわけがありません。
以前視察しました「サガン鳥栖」がそんな感じでした。
誘致したものの多額の財政負担にあえぐ鳥栖市は、「反面教師」にして欲しいと、言ってらっしゃいました。
ビッグスポンサーの獲得はどう考えても急務です。
ただし、これはクラブの仕事です。

また、鳥取市・米子市に関しても出資要請が来ています。
鳥取市の内情は良くわかりませんが、米子市においては、現在の財政状態では多額の出資はちょっと難しいと思います。
税金の投入ということでデリケートな問題ですが、私としてはなんとか「出資金0」だけは回避したいという想いです。


そして、予想される波及効果は下記。
○スポーツ文化の振興
○地域への帰属心、「誇り」を得ることが出来る。
○継続的な経済効果
  愛媛県での事例、16.8億円
  (直接効果7.4億円 波及効果6.5億円 PR効果2.9億円)
○中海圏域での交流の活性化
○青少年の健全育成
○知名度の向上

なんで私が取り組んでいるのかと申しますと、「ガイナーレ鳥取」に地域のシンボルになってもらいたい、またその可能性があると考えたからです。
選挙の時から言ってましたが、そう遠くない将来、道州制が導入され、鳥取県と島根県の県境は無くなるのではといわれております。
そうなった場合、中海圏域での連携が必要となり、そして競争が発生することは明らかであります。
米子市が、中海圏域の他市に勝つことができる「何か」が必要であると思います。
「ガイナーレ鳥取」はその新しいシンボルとなりうる存在であると考えております。
僕が考えます「ガイナーレ支援」は、ただ単にサッカーチームを応援するという意味合いではなくて、ふるさとに誇りを、ふるさとを愛する心を作り出そうという運動だと思っています。
そして次世代への資産として、なんとか繋げてやりたいのです。

さて、他のスポーツと違うのかとの指摘ですが、例えば野球。
「キタロウズ」がプロ野球に加盟してジャイアンツと試合をする可能性は、限りなく「0」に近いです。
少なくとも、僕が生きている間には無いでしょう。

「ガイナーレ」は「浦和レッズ」や「鹿島アントラーズ」と戦う可能性が大いに(と思っています)あるわけです。
そして、ワールドカップにも繋がっています。
そこに夢を見いだしたい、こどもたちに夢を見てもらいたいんです。

と言った感じで、長々と書いちゃいましたがこのような想いで「ガイナーレ」に関して取り組んでいます。
異論がある方もいらっしゃるとは思いますが、今後とも信念を持って取り組んで参りたいと思います。

Ryuu

| | コメント (10)

ひげの隊長 in 米子

ひげの隊長こと「佐藤まさひさ」さんの講演を聞いてきました。
皆さんもご存じだとは思いますが、元陸上自衛隊イラク先遣部隊の隊長です。
この度の参議院に出馬されると言うことで、全国を行脚中なのでした。
イラクへの出発式、現地での苦悩、外交と職務はざまでもがく自衛隊、そして政界への挑戦...。

涙が止まらなかったです。
決して饒舌ではありませんでした。
しかし「本物」は違います。
以前「松本京子さんの兄」松本孟さんの講演会の記事にも書きましたが、「重み」が段違いなのです。
最近、参議院の候補者何人かのお話を聞かせていただきましたが、最も感動しました。


なんと今回初めて知った事実は、警察OB(24万人)が4人の国会議員をかかえているのに対して、自衛隊OB(同じく24万人)は未だ0人なんだそうです。
制服組アレルギーが厳然として存在するのでしょうね...。
戦中に行われた、軍部の政治介入が未だ尾を引いているのでしょう。

しかし、時代は変わりました。
国際貢献の為には「自衛隊」は必要不可欠な存在です。
松田は、「佐藤まさひさ」さんが必ず歴史的な「一歩」を刻んでいただけると信じています。
あと1ヶ月、全力で頑張っていただきたいです!!

佐藤まさひさHP
http://www.hige-sato.jp/
http://www.mii.jp/blog/biz/index.php?itemid=1851&catid=198

イラク派遣
http://ja.wikipedia.org/wiki/自衛隊イラク派遣

(ひげの隊長キット化!! と 米子駅での隊長)
Ttm035276001_1
20070609img_0391jpg

| | コメント (5)

建設環境副委員長を拝命!!

いよいよ本日より「米子市議会6月定例会」が始まりました。
松田は建設環境委員会に配属されまして、なんと今日の委員会にて副委員長を拝命させていただきました。
(ちなみに委員長は尾沢議員です)
少しずつでも勉強させていただきながら、しっかりと責務を全うしたいと思います。

また、松田の質問日時は、
13日(水)10:00〜  となりました。
平日の朝っぱらと言うことで、大変出にくい時間帯ではありますが是非とも傍聴に来てくださいね。
場所は市役所の5階です。
お待ちしています!!

今日のちょっと気になったニュース。
「自衛隊がイラク派兵反対集会を監視、県内でも2団体監視か」
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070606/skk070606004.htm
http://www.nnn.co.jp/news/070607/20070607002.html
イラク派兵反対集会を、陸自の情報機関が監視していたというニュース。


あの〜、当たり前の事だと思うんですが...。


監視の上で弾圧を行ったならまだしも、逆にこの程度の情報収集活動が行われていなかったとしたら、ゾッとしますよ。
こう言った「平和」を笠に着た反体制組織を、まるっきり野放しにしてたら、何やられるのか判らんですよ?

しかし、だいたいマスコミの論調はこんな感じですよね。
各種報道に対しては、本当に大事な事実を読み誤らないように、注意して読み解いていきたいものです。

(画像は去年の陸自基地祭)
Rikujir

| | コメント (2)

6月議会の質問

いよいよ明日から6月議会が始まります。
と言うわけで、昨日「発言通告書」を提出してきました。
13番目でしたんで、発言は多分13日(水)の午前中ではないかと思います。

今議会の質問内容は下記3点。
1、北朝鮮による米子市民拉致問題について
2、ガイナーレ鳥取について
3、新市の一体化について

ぼちぼち「聞き取り」が活発になってきました。
気合いを入れてがんばります!!
Hatugenn_1

| | コメント (0)

 「消えた?年金記録」

Taiketu

昨日のスケジュールです。
10:30 あこここプール(PAJA)
13:00 水道局の講演会(コンベンション)
14:00 自民党支部長幹事長会議(食品会館)
15:00 葬儀(ピアベール)
ハードな一日で本当にくたびれました...

今日は自民党支部長幹事長会議について。
平たく言いますと、選挙対策会議なわけですが、昨日は赤沢代議士が例の「消えた年金」について実情をお話されていました。
民主党が5000万口の年金が消えたと主張し国民の不安を煽り、参議院選挙の争点にしているあの「年金」の話です。


かいつまんで説明します。
公的年金平成8年までは何口でも持てたんです。
会社を移る度に年金の口数はどんどん増えちゃうわけでして、当時なんと2億口あったそうです。
これでは管理が大変だと言うことで、一人一口に整理統合して、コンピューターのデータベース化することが、平成9年に決まりました。
ということで、10年かけて整理出来たのが1億5000万口。
5000万口が「未処理」であるというのが現実なんです。


消えました?


実は消えてないんですよ。
処理がまだ出来ていないだけなんです。

10年もかかって処理できなかった「管理監督責任」は、もちろん政府にあります。
でも、なんで10年もかけて処理できなかったんでしょうか?

元凶は「自治労国費評議会」。
社会保険庁関係の労働組合なのです。
(自治労=全日本自治団体労働組合)
この素晴らしいお役人の方々が、様々なヤミ協定を結び、業務をこなしていないからです。
ヤミ協定は、実に100件を越えると言われています。
判りやすい例を挙げますと、
○電算化による人員はダメ
○ノルマの設定はダメ
彼らがなんだかんだと難癖をつけてサボっているから、遅々として作業が進まないのです。


「自治労」は「日教組」とならび民主党の最大支持母体なのです。
(「米子市役所自治労」もかなりの勢力を持っています。)
「社保庁解体」が盛り込まれた今回の救済法案に、民主党が乗ってこなかった理由はまさにここにあるわけです。政府自民党は1年で全てを処理すると言っているのに、それは「ムリ」と国民の不安を煽る民主党。
そりゃ「ムリ」ですわ、こんな体質では...

そして、この平成9年制度設計を行った当時の厚生大臣は「菅直人」です。
自作自演の「言いがかり」としか形容のしようが無いですな。


ちなみにちょっと前、江角マキコが年金不払いのが発覚して、CMを降ろされたことがあったでしょ。
その情報をリークしたのも「自治労国費評議会」の皆さんです。
個人情報に関する守秘義務をなんと考えていらっしゃるんでしょうかね?


こういった情報はマスメディアはあまり取り上げません。
なんでですかね〜?
まあ、どっちが正論かは皆さんが判断される事ですが、松田は「自民党」に正義があると思います。
関連情報を貼っておきますので、良かったら見てください。
でわ。
http://news.livedoor.com/article/detail/3185761/
http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/pamphlet/pdf/2007_nenkin.pdf
http://www.nakagawahidenao.jp/pc/modules/wordpress0/index.php?p=335
http://www.jichiro.gr.jp/

| | コメント (7)

米子駅南北一体化事業の進捗

今日の全員協議会(議会提出議案の説明会)にて、「米子駅南北一体化事業」の方針が発表されました。
とりあえず、新しい跨線橋(線路をまたいで、ホーム間をつなぐ陸橋)とエレベーター・エスカレーターを設置するとのこと。
当面は駅ビルは、いじくらない計画です。
総事業費は約6億円。(資料を忘れちゃいました。間違ってたら訂正します。)
国の補助金は6000万円、残りを 県・市・JR で負担。
南北連絡通路・橋上駅は、今後の情勢をにらみつつ前向きに検討していくと言うことでした。
なお新しい跨線橋は将来的に橋上駅に連結可能な設計みたいです。
あっ、スタジアムのスの字もありませんでしたが...(T.T)

と言うことで、まず「バリアフリー化工事」を行うということみたいです。
実施期日は切ってなかったですが、一歩前進ということですかね。
南北一体化事業には消極的な、共産党・未来(民主系)も賛同の様子でした。

確かに一気にやっちゃうってのも、まだまだ時期尚早のきらいはなきにしもあらずなわけで、段階的にでも事業に取りかかる意志を「米子市」として明確に示したということは、おおいに評価できるんでないかと思います。

昨日の都市機能整備問題等調査特別委員会(テレビ映ってました!!)でも議論されたんですが、今後の中心市街地の再開発にとって大きな影響を与える事業です。
将来の「米子市」、また「米子のこどもたち」にとって、より良いまちづくりを行えるような議論をしていきたいですね。
Yonago_st_1

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »