« エコスラグセンター | トップページ | 「水道局」の災害救援自販機と「市」の対応 »

航空自衛隊 美保基地航空祭

14万人。
空自美保基地航空祭の今年の入場者数だそうです。
米子市民全員相当数があのエリアにいたって事ですよね。
短日開催のイベント動員数としてはF1グランプリ並です。
すごい...

しかし、この地域で世界規模のイベントと同じくらいの動員数をたたき出したのにもかかわらず、意外に新聞記事が小さいのは、やはり未だ自衛隊の存在が微妙なポジションだということでしょうか?
彼らは本当に命を賭して国民の為に働いているのというのに、ちょっと寂しいですね。


さて、と言うわけで、松田も行って来ました。
小1か小2の時に、近所の友達と連れて行ってもらって以来ですんで、実に20年ぶりです。
当時のブルーインパルスの機体はF86セイバーだったように記憶しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/F-86_%28戦闘機%29

なんと、この度は自衛隊にご招待いただいたというわけで、あの猛暑の中をスーツで基地内をうろついていたわけです。
会場で出会ったJCの友人にも「なんて格好で来てるだ〜(笑)」と笑われる始末。
ホント暑かったですわ。


今回は「F2」と「F15」が来ると言うことで、長女「あこ」 と楽しみにしていました。
次女「ここ」 はと言いますと、暑い・うるさい・つまらんで終始不機嫌でしたが...。
http://ja.wikipedia.org/wiki/F-2_(支援戦闘機)
http://ja.wikipedia.org/wiki/F-15_(戦闘機)
普段、戦闘機を観る機会はあまりないですからね。
午前中F2が上空をデモ飛行をしてたんですが、 「あこ」とお友達の「りょうくん」「しゅんくん」も大騒ぎでした。
三人に「これがいい〜」と、F2のピンバッジを買わされました。
素敵な思い出はpricelessですが、バッジは3個で1500円でした...

さて、お昼には「美保基地49周年記念式典」にも出席させていただいたわけですが、平井県知事・国会議員・県会議員の先生方も多数列席されていますんで、完全に「その他大勢」でしたが(笑)
式典の方は、防衛庁から防衛省に格上げとなった記念すべき年と言うことで、かなり気合いの入った設営をされていまして、このことは観客数の予想以上の伸びにも影響があったんじゃないかと思います。
(昨年7万人 目標10万人 実績14万人)
というわけで、たくさんの皆さんと懇親を深めてさせていただいた式典も無事幕を閉じたわけでした。


しかし、ほろ酔い気分で式典会場から出たのは、松田が一番見たかった「F15」が米子上空を過ぎ去った後でした...
(画像はブルーインパルス と 終始不機嫌だった ここ)
Kuuji1_1
Kuuji2_1

|

« エコスラグセンター | トップページ | 「水道局」の災害救援自販機と「市」の対応 »

コメント

読ましてもらっての感想(タイミングはずれてますが)---大篠津に移り住んで3年~自衛隊機の騒音の凄さに悩まされています、基地の町に住む人間として(親の代から住んでいた)国防を担う自衛隊の活動に理解はしていますが地域の住民のみが我慢をするのでなくお互いが協力、理解をしていく共生の道を考えるべきであると思います
 。飛行時間の規制(例えば10~17まで)
 。航空祭の中止(祭り近くになると練習の為                 騒音倍増)
航空祭に14万人が来場したとか、招かれて御馳走になりほろ酔い気分でいい気持ちとか、地元の
大半の人は迷惑しています、松田議員よりも騒音を敏感に感じてくれたお嬢さんが素晴らしい!。
 

投稿: 岩村暢男 | 2007年10月10日 (水) 18時33分

岩村暢男さん コメントありがとうございます。

基地・ゴミ処理施設・斎場といった施設は必要でありながら、やはり迷惑を被られる方々が必ずいらっしゃいます。
その事を忘れずにおりたいと思います。

投稿: 松田ただし | 2007年10月12日 (金) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エコスラグセンター | トップページ | 「水道局」の災害救援自販機と「市」の対応 »