« 伊勢崎にて | トップページ | 淀江中学校創立60周年記念式典 »

教育再生会議

こんにちは、松田です。
伊勢崎市の姉歯トラップと、恒例の恐怖のフライトをくぐり抜け、なんとか米子に帰って参りました。
皆様には大変なご心配をお掛けいたしました。
(あっ してない?)

この視察中に、「第34回米子がいな祭」の事務所開きがありました。
ご存じだとは思いますが、がいな祭の企画実行本部員は米子JCのメンバーです。
これから祭当日まで、かなりの犠牲(家族との時間等)を払っての戦いが始まります。
本部員のみなさん。今年の祭は、市からの予算も削られちゃって大変だと思います。
しかし、多くの市民の皆さんが楽しみにしている「祭」です。
待っているみんなのために、頑張ってくださいね!!
(もちろん僕も頑張ります!!)

「第34回米子がいな祭」
7/28(土)29(日)開催です。
お楽しみに!!

さて、一昨日の新聞報道によりますと、政府の教育再生会議が「親の教育」について提言を出そうとしました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070426k0000m010157000c.html
内容を抜粋します。

母乳で育てましょう
子守歌を歌ってあげましょう
授乳中や食事中はテレビを消しましょう
一緒に歌を歌いましょう
本の読み聞かせをしましょう
一日の出来事を話しましょう
あいさつをする・うそをつかない・時間を守ろう・卑怯なことをしないこの事をきちんと教えましょう
PTA活動には父親も参加しましょう
等々

こうして文字にしてみると、日本人にとってごくごく当たり前の事ですね。

しかし、この提言は結局先送りになっちゃったわけですが、昨日の夕方、これに対する子育て中のお母様方のインタビューが放送されていました。
会場は子育てサークルみたいなところでした。
局は日テレ。
「母乳の出ない母親はどうすんの!! 大きなストレスを受けます」
「うちの子はテレビを消すと泣き出すの。どうしろって言うのよ!!」
「父親がPTAに参加できるように、国と企業が保障しろ!!」
「国が子育てに介入しないで!!」

おそらく否定的な部分「だけ」を編集したんでしょうが、いや〜あんまりです。
わかりやすく日本の現状を伝えてくれた日テレには、感謝しないといけんですね。
教育再生会議の皆さんは、この現状を憂いているわけです。

私たちの世代はこんな教育を受けてきました。
「自己主張は素晴らしいことです、自由にモノを言いましょう」
「強制はダメ、個性の尊重が一番大事」
こうして、やりたい放題・クレーム付けまくりの「わがままな利己主義人間」が大量生産されたわけです。
そして、その世代が「親」になっています。(私も含めて)
これでは、日本の競争力は無くなっちゃいますよね。
また、保育料・給食費の未払い問題も全てがここに行き着くのではないでしょうか?

一刻も早く提言書をまとめて、日本中に「強制」してください(T_T)

今回、安倍総理がストップをかけたみたいです。
憲法改正とのダブルパンチを避けたのかな...。
先般の「慰安婦問題」と続いて、ちょっと残念です。

さて、地方自治体でも真剣に考えないといけない問題だと思います。
例えば「家庭教育推進条例」とか出来んもんですかね〜?
アドレスを貼っておきます。
皆さんのご意見をお聞かせ下さい。
tadasix@mbr.nifty.com
18kyouiku1

|

« 伊勢崎にて | トップページ | 淀江中学校創立60周年記念式典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊勢崎にて | トップページ | 淀江中学校創立60周年記念式典 »