« 教育再生会議 | トップページ | 松本京子さん »

淀江中学校創立60周年記念式典

先日「淀江中学校創立60周年記念式典」に出席させていただきました。
松田は42期卒(たぶん)です。
記念式典の後、10期卒の吹野博志 先輩の記念講演を聴いて参りました。
吹野さんは世界最大のコンピューターメーカー「DELL」の日本法人元社長で、現在はコンサルティング業を開業されているそうです。
ちなみに新風の渡辺照夫議員は同期だそうです。
世界各国を巡られている吹野さんのお話は、本当に楽しくまた今後の日本の抱える課題を改めて感じさせていただいたひとときでした。
一番心に残った言葉。
「日本は世界一格差が小さい国」

今国政の場では「格差論争」に明け暮れていらっしゃいますが、いつも何だかな〜と思っています。
野党は「世界一の格差大国」なんてバカな事言ってますが、紛れもなくアジアの国々、いやアメリカに比べても格差は絶対に小さいはずです。
このような豊かな国「日本」に我々国民は、もっと誇りを持つべきだと思います。
敗戦からたった60年でこれだけの「豊かさ」を築き上げたわけですからね。

ただ、この豊かさを保つためには「今後何をすべきか?」この事を考えないといけない次期にこの「日本という国」は間違いなく差し掛かっています。
7月には参議院の選挙がありますが、こうした視点を持つ候補に投票していただければと思います。


現役生徒の皆さん、何か感じるモノが在りましたか?
写真は講演の模様と、我が家の金魚水槽に配備された「エビちゃん小隊」です。
金魚に追いかけられながらも、猛烈な勢いでコケを食べまくっていますわ。
60

Ebi

|

« 教育再生会議 | トップページ | 松本京子さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育再生会議 | トップページ | 松本京子さん »