« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

パチンコCM

こんばんは、松田です。
先日「ひろさん」からのコメントで、「パチンコCMの問題」を提言していただきました。
○サラ金、競馬、煙草、風俗産業等のCMは直接的な表現や時間帯が規制されているの対し、なぜパチンコは規制が全くないのでしょうか。島根ではすでに規制されているのに米子では野放し、さらに市議会においても全く声が上がらないの何故でしょうか。

いろいろ取材してみましたところ、どうも「鳥取県遊技業協同組合」の協議によって、明日(6月1日)からは大幅に制限が入るみたいです。


○テレビCMは23時以降、朝5時まで
○新聞折り込みも大幅制限
といった内容のようです。
ただし未加入の業者は対象外みたいですが...。

詳しい内容に関しては、ソースが見つかりませんでした。
間違ってたらすいません。
(今朝の新聞に出ていましたので、一部修正させていただきました。)

メディア関係者に聞いてみましたが、各業界の広告規制も自主規制がメインのようです。
様々な形体の事業があるわけですが、是非とも良識ある判断をお願いしたいですね。


画像は 「松田ただし ついに 逮捕」 です。
(別人ですよ!!)
Taiho

| | コメント (3)

「水道局」の災害救援自販機と「市」の対応

昨日「米子市水道局」とダイドードリンコが災害自販機の提携を結ばれました。
水道局が販売している「よなごの水」を自販機に入れておいて、地震等の災害時に無料ででてくるというシステムです。(設置経費はメーカー負担!!)
「よなごの水」を、是非活用したいという双方の想いが噛み合った為、とんとん拍子に話がすすみまして昨日の契約成立となったところです。
水道局は、スピード感があって気持ちよいですわ(^_^)b

「よなごの水」
http://www.yonago-city.jp/suido/%82%E6%82%C8%82%B2%82%CC%90%85.htm

「災害救援自販機」
http://www.pronweb.tv/newsdigest/070215_daido.html
水道局長もこれを足がかりに増やしていきたいと言ってましたし、素晴らしいシステムなんで、どんどん増えると良いですね。


さて、問題は「米子市」の対応です。
(水道局は独立採算制です)
米子市にも水道局を通じて、公民館等災害時避難場所に設置したい旨をオファーをされたそうです。
もちろん(笑)断られたみたいです。
全国的にこの取り組みは、どんどん広がっているにもかかわらず...。
(大阪市・神戸市・下関市等々)
http://www2.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1172554935362&SiteID=0000000000000&FP=seclist&RK=1179532286995


以下が伝え聞いた断り文句です。
○公民館等に特定メーカーの自販機をおくのはマズイ
(設置してある公民館も存在します)
○前例がない  等々
まあいつもの感じですわ。

で、なんとこの契約成立を聞いた市長が、激怒したとかしないとか。
つまり、市長まで話が通ってないんですよ。
この体質を改善するにはどうしたら良いもんですかね...。

さて、様々な疑惑の渦中にあった、松岡農相が亡くなられました。
真相は分かんないですけど、まさか命を絶たれるとは...
関係者も次々に亡くなられているみたいですし、よっぽどの秘密があるのではと勘ぐってしまいます。
なにはともあれ、ご冥福をお祈りいたします。

民主党が安倍首相の葬儀参列を阻止したそうです。
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/kokkai/news/20070530k0000m010149000c.html
小沢さん。
自分は国会中に全国行脚をしておいて、これはないんじゃないですかね〜?
Wwwyonagocityjp_1
Saigai_1

| | コメント (0)

航空自衛隊 美保基地航空祭

14万人。
空自美保基地航空祭の今年の入場者数だそうです。
米子市民全員相当数があのエリアにいたって事ですよね。
短日開催のイベント動員数としてはF1グランプリ並です。
すごい...

しかし、この地域で世界規模のイベントと同じくらいの動員数をたたき出したのにもかかわらず、意外に新聞記事が小さいのは、やはり未だ自衛隊の存在が微妙なポジションだということでしょうか?
彼らは本当に命を賭して国民の為に働いているのというのに、ちょっと寂しいですね。


さて、と言うわけで、松田も行って来ました。
小1か小2の時に、近所の友達と連れて行ってもらって以来ですんで、実に20年ぶりです。
当時のブルーインパルスの機体はF86セイバーだったように記憶しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/F-86_%28戦闘機%29

なんと、この度は自衛隊にご招待いただいたというわけで、あの猛暑の中をスーツで基地内をうろついていたわけです。
会場で出会ったJCの友人にも「なんて格好で来てるだ〜(笑)」と笑われる始末。
ホント暑かったですわ。


今回は「F2」と「F15」が来ると言うことで、長女「あこ」 と楽しみにしていました。
次女「ここ」 はと言いますと、暑い・うるさい・つまらんで終始不機嫌でしたが...。
http://ja.wikipedia.org/wiki/F-2_(支援戦闘機)
http://ja.wikipedia.org/wiki/F-15_(戦闘機)
普段、戦闘機を観る機会はあまりないですからね。
午前中F2が上空をデモ飛行をしてたんですが、 「あこ」とお友達の「りょうくん」「しゅんくん」も大騒ぎでした。
三人に「これがいい〜」と、F2のピンバッジを買わされました。
素敵な思い出はpricelessですが、バッジは3個で1500円でした...

さて、お昼には「美保基地49周年記念式典」にも出席させていただいたわけですが、平井県知事・国会議員・県会議員の先生方も多数列席されていますんで、完全に「その他大勢」でしたが(笑)
式典の方は、防衛庁から防衛省に格上げとなった記念すべき年と言うことで、かなり気合いの入った設営をされていまして、このことは観客数の予想以上の伸びにも影響があったんじゃないかと思います。
(昨年7万人 目標10万人 実績14万人)
というわけで、たくさんの皆さんと懇親を深めてさせていただいた式典も無事幕を閉じたわけでした。


しかし、ほろ酔い気分で式典会場から出たのは、松田が一番見たかった「F15」が米子上空を過ぎ去った後でした...
(画像はブルーインパルス と 終始不機嫌だった ここ)
Kuuji1_1
Kuuji2_1

| | コメント (2)

エコスラグセンター

支援者さんから下記のコメントをいただきました。

「西部広域のエコスラグセンター何か問題があるのですか?
訴訟になるって??
現場に行ったことあるけど、スゴイ施設だったのに・・・」

実は2月に視察に行ったんですが、書き込むタイミングを逸してしまってました。
良い機会ですので今日はエコスラグセンターについて。

下記が ホームページです。
http://www.tottori-seibukoiki.jp/jimukyoku/Kankyo/index/ecotop_index.htm 抜粋しますと、
○組合圏域内で発生する残さを集約して溶融処理します
○埋立対象物量を削減し、埋立処分地の延命化を図ります
○重金属、ダイオキシン類の安定化及び削減を行います
○空冷スラグを製造します
○廃熱を高度有効利用します
と言うことで、簡単にまとめると「埋め立てるしかないゴミのカス」を溶かして建設資材(溶融スラグ)としてリサイクルする施設なんです。
これによって最終処分場(埋め立て地)の延命を図ることも出来るわけです。
素晴らしい施設ですね。
ここまでは...

下記に写真をいくつか貼ってますのでご覧下さい。

で、問題はこのプラントのメンテナンス費用なんです。
メーカーの請求額は年額なんと3億円。
理由は配管が詰まっちゃうからだそうです...。
西部広域は、この原因に設計上の問題があるんじゃないかと言うことを争点に争う構えみたいです。

視察に行った時点では
「弁護士の受け手がない(勝てない?)から、訴えたいけど...」
という論調だったのですが、どうも勝算が見えたのか、瑕疵保証を求めて争うみたいです。
(ちょっと前の日本海新聞で記事になってました。)

米子市クリーンセンター(焼却場)にしても年間1億7000万のメンテ費用がかかります。
これは施設が古くなればなるほど増えていきます。
メーカーの言いなりで...

必要な施設、不必要な施設よく考えて投資しないと後々大変なことになっちゃいます。
今後の環境政策は、費用対効果を厳密に検証する必要性を強く感じました。


Suragu1_3
Suragu2_1
Suragu3
Suragu4_1

| | コメント (1)

会派視察レポート 上越市

いよいよ6月議会が近づいてきましたが、今日は先日の会派視察のご報告をしたいと思います。

上越市
バイオマスの勉強をしてきました。
バイオマスとは判りやすく言いますと「ごみをリサイクルして資源化しよう」といった事です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/バイオマス
循環型社会の形成を目指す、農水省の補助金が得られるため、各地の自治体が取り組んでいます。

今回は、N議員のたって希望で先進地である上越市にお邪魔させていただいたわけです。
N議員は欠席でしたが...

上越市の取り組みは、共同企業体と協力して下記のような事業を行っています。

生ゴミ→バイオガス(メタンガス)
下水汚泥→セメント原料
間伐材→木質プラスチック

このようなプラントを建設中だそうです。
(木質プラスチックプラントは完成)


なんと素晴らしい取り組みだと思ったんですが、これがなかなか軌道に乗ってないみたいなんです。
原因
○コスト
○製品安定性
○上記の理由で引き取り手が無い


環境施策の落とし穴ですね...。
このままでは、箱(プラント)だけ残って「莫大な維持管理費」が財政を締め付けるといった結果になっちゃうんじゃないですかね。
近場では、西部広域の溶融スラグプラントみたいなもんになっちゃうんじゃないかなと思います。
(西部広域の溶融スラグプラントは、メーカーを相手取っての裁判になります。)

今や環境事業は一大利権になっています。
この手のプラント建設は慎重に行うべきだと感じました。

上越の田園風景と勉強会の様子
Jyouetu1
Jyouetu2

| | コメント (1)

16歳「茶髪」少女 バイト先からクビ通告 個人で労組へ

大朝日新聞様の記事です。
http://www.asahi.com/life/update/0519/TKY200705190129.html
ありえん。
接客業の社員に髪の毛の色を注意したにもかかわらず、無視。
「一緒に働けない」と告げると、労組と結託してイチャモンをつける...。
いつからこんな国になっちゃたんですかね。

松田の知人も接客業のくせして、汚い茶髪だったんですよ。
(彼はもう30才です。)
何回もたしなめたんですが、なかなか聞いてくれませんでした。
いわく「お前は外見で人間を判断するのか!!」
中学生かっての...

答え
判断します。初対面では間違いなく。
社会ってそんなもんだと思うんですがね...。

僕の認識がおかしいんでしょうかね〜?
(知人は最近それでも小綺麗になってくれました。)

| | コメント (2)

2581

天候も良く、素晴らしい観戦日和に恵まれた昨日の東山の入場者数です。
史上最高の入場者数らしいです。
(芝生席にもだいぶんはみ出してたんで、正直「3000」行ったかな?と思ったんですがね...)
今回、合銀さんが大動員をかけていらっしゃいました。
(1000人くらいかな?)
米子JCも目標の1000人には大きく届かなかったものの200人くらいは新規を動員出来たんじゃないかと思います。
また、平井知事・野坂市長も応援に駆けつけてくれました。
(市長はGGCのシャツを着てきてくれましたよ!!)

声かけに賛同いただいて来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

しかし、何より勝ってくれたのが一番です。
以前ブログに書き込んでくれた高校生サポーター「真面目こうちゃん」と遭遇。
共に勝利の喜びを分かち合いました。
下記は「真面目こうちゃん」のホームページです。
必要以上に熱いです(失礼!!)
http://plaza.rakuten.co.jp/mazime/

今回、初めて東山に来てくれた友人たちも、喜んでくれてました。
「今度はバードに行くぞ!!」なんて息巻いてましたわ(^_^)
ただ、Jリーグの試合も良く観戦に行くような連中でして、反省すべき点もいくつか指摘してくれました。

指摘点はハード面で2つ、ソフト面で1つ。
1、芝生がボロい
2、アップしている選手で試合が見えない
(芝生席のアイレベルが低すぎる)
3、お客さんが優しすぎる

全てその通りですね。
今後の課題です(T.T)

次回東山でのゲームは
8月12日(日)三菱水島FC 戦です。
この日は、我が「米子JCガイナーレ委員会」がプロデュースする予定です。
内容はまだ煮詰まっていませんが、ご期待いただきたいと思います。
どうか、多くの市民の皆さんに来ていただきたいと思います。

520_1

5202

| | コメント (2)

プロ野球公式戦

こんにちは、昨日米子市民球場に「広島vs阪神」戦を観に行ってきました。
米子のゲームは広島のホームなんですが、阪神のホーム戦の雰囲気なんですよね〜。
(ちなみに松田は阪神ファンです。)
前日のJCの例会は全日空ホテルで行われたんですが、見たこと無いような凄い人でした。
どうもタイガースの宿舎だったみたいです。
やっぱり大きなイベントがあると、町が賑わいますよね。

試合の方は、「タイガース新暗黒時代」の到来を予感させるに十分な内容だったわけですが、まあ2年に一回のイベントですので、大いに盛り上がっておりました。
帰りに娘の「アコ」に質問してみました。

松田「阪神とガイナーレとどっちが面白かった?」
アコ「う〜ん、ガイナーレ!!」
松田「なんで?」
アコ「(客席で)いっぱい走れるもん!!」
松田「...」


こんな賑わいが隣の競技場にも来ると良いのにな〜と思った夕べでした。

ガイナーレ鳥取vs流通経済大学
日時 5月20日 13:00キックオフ
場所 東山陸上競技場

先日のバードは900人足らずの動員数でした。
挽回のチャンスです!!
米子市民のみなさん、5月20日はなんとかご来場いただきますよう宜しくお願いします。

(写真はアコ・ココと、おともだちのヒヨリちゃんです。)
Hanshin2
Hanshin1

| | コメント (0)

松本京子さん

昨日、米子JC例会(担当は国際委員会)に北朝鮮による拉致被害者、松本京子さんのお兄さんでいらっしゃる、松本孟(はじめ)さんにお越し頂きました。
今例会の構成は、
1部「拉致被害者家族の想い」
2部「拉致問題をきっかけとして環日本海時代を考える」
今回は1部において、松本さんに本当に無理を言って講演をしていただいたわけです。
10分ほどのお話だったのですが、不謹慎な言い方かもしれませんが、本物しか持ち得ない「重み」・「迫力」を感じました。

「妹が”いなくなって”29年が経ちました。」
「妹は休みの日には映画を見に行ったり、編み物をしたりする本当に「ふつうの娘」でした...」


「ふつうの娘」がいなくなったこと。
「ふつうの娘」がふつうの幸せを築くことが出来なかったこと。
「ふつうの家族」が壊されたこと。
「ふつうのおじさん」が、200人の人間を前にして、自分の気持ちを語らなければならないこと。

この全てが、悪意のある国家の工作行為により、生み出された現実です。

講演の最後、松本さんはこう締められました。

「1日でも、1秒でも、早く帰って来て欲しい...。」


私たちが出来ることは何でしょうか?
その答えは2部の対談の中で、赤沢代議士が飯塚繁雄さんの著書を引用してこうおっしゃっていました。
(松本さんと同じように妹を拉致されています。)


妹が帰ってきたときこう伝えたいんです。
「お前が帰ってくるために、日本国民が心を一つにして戦ったんだよ」と...。


このような想いをさえれているかたが、実際に地元にいらっしゃるんです。
「市民のみなさんの心が一つになること」
これが、今出来ることじゃないのかなと思います。


松田も本当に微力ながら頑張って参りたいと思います。


上二枚は松本孟さん
下一枚は二部でお世話になった、常田先生と赤沢先生
Kokusai3_1
Kokusai2_1
Kokusai1_1

| | コメント (0)

淀江中学校創立60周年記念式典

先日「淀江中学校創立60周年記念式典」に出席させていただきました。
松田は42期卒(たぶん)です。
記念式典の後、10期卒の吹野博志 先輩の記念講演を聴いて参りました。
吹野さんは世界最大のコンピューターメーカー「DELL」の日本法人元社長で、現在はコンサルティング業を開業されているそうです。
ちなみに新風の渡辺照夫議員は同期だそうです。
世界各国を巡られている吹野さんのお話は、本当に楽しくまた今後の日本の抱える課題を改めて感じさせていただいたひとときでした。
一番心に残った言葉。
「日本は世界一格差が小さい国」

今国政の場では「格差論争」に明け暮れていらっしゃいますが、いつも何だかな〜と思っています。
野党は「世界一の格差大国」なんてバカな事言ってますが、紛れもなくアジアの国々、いやアメリカに比べても格差は絶対に小さいはずです。
このような豊かな国「日本」に我々国民は、もっと誇りを持つべきだと思います。
敗戦からたった60年でこれだけの「豊かさ」を築き上げたわけですからね。

ただ、この豊かさを保つためには「今後何をすべきか?」この事を考えないといけない次期にこの「日本という国」は間違いなく差し掛かっています。
7月には参議院の選挙がありますが、こうした視点を持つ候補に投票していただければと思います。


現役生徒の皆さん、何か感じるモノが在りましたか?
写真は講演の模様と、我が家の金魚水槽に配備された「エビちゃん小隊」です。
金魚に追いかけられながらも、猛烈な勢いでコケを食べまくっていますわ。
60

Ebi

| | コメント (0)

教育再生会議

こんにちは、松田です。
伊勢崎市の姉歯トラップと、恒例の恐怖のフライトをくぐり抜け、なんとか米子に帰って参りました。
皆様には大変なご心配をお掛けいたしました。
(あっ してない?)

この視察中に、「第34回米子がいな祭」の事務所開きがありました。
ご存じだとは思いますが、がいな祭の企画実行本部員は米子JCのメンバーです。
これから祭当日まで、かなりの犠牲(家族との時間等)を払っての戦いが始まります。
本部員のみなさん。今年の祭は、市からの予算も削られちゃって大変だと思います。
しかし、多くの市民の皆さんが楽しみにしている「祭」です。
待っているみんなのために、頑張ってくださいね!!
(もちろん僕も頑張ります!!)

「第34回米子がいな祭」
7/28(土)29(日)開催です。
お楽しみに!!

さて、一昨日の新聞報道によりますと、政府の教育再生会議が「親の教育」について提言を出そうとしました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070426k0000m010157000c.html
内容を抜粋します。

母乳で育てましょう
子守歌を歌ってあげましょう
授乳中や食事中はテレビを消しましょう
一緒に歌を歌いましょう
本の読み聞かせをしましょう
一日の出来事を話しましょう
あいさつをする・うそをつかない・時間を守ろう・卑怯なことをしないこの事をきちんと教えましょう
PTA活動には父親も参加しましょう
等々

こうして文字にしてみると、日本人にとってごくごく当たり前の事ですね。

しかし、この提言は結局先送りになっちゃったわけですが、昨日の夕方、これに対する子育て中のお母様方のインタビューが放送されていました。
会場は子育てサークルみたいなところでした。
局は日テレ。
「母乳の出ない母親はどうすんの!! 大きなストレスを受けます」
「うちの子はテレビを消すと泣き出すの。どうしろって言うのよ!!」
「父親がPTAに参加できるように、国と企業が保障しろ!!」
「国が子育てに介入しないで!!」

おそらく否定的な部分「だけ」を編集したんでしょうが、いや〜あんまりです。
わかりやすく日本の現状を伝えてくれた日テレには、感謝しないといけんですね。
教育再生会議の皆さんは、この現状を憂いているわけです。

私たちの世代はこんな教育を受けてきました。
「自己主張は素晴らしいことです、自由にモノを言いましょう」
「強制はダメ、個性の尊重が一番大事」
こうして、やりたい放題・クレーム付けまくりの「わがままな利己主義人間」が大量生産されたわけです。
そして、その世代が「親」になっています。(私も含めて)
これでは、日本の競争力は無くなっちゃいますよね。
また、保育料・給食費の未払い問題も全てがここに行き着くのではないでしょうか?

一刻も早く提言書をまとめて、日本中に「強制」してください(T_T)

今回、安倍総理がストップをかけたみたいです。
憲法改正とのダブルパンチを避けたのかな...。
先般の「慰安婦問題」と続いて、ちょっと残念です。

さて、地方自治体でも真剣に考えないといけない問題だと思います。
例えば「家庭教育推進条例」とか出来んもんですかね〜?
アドレスを貼っておきます。
皆さんのご意見をお聞かせ下さい。
tadasix@mbr.nifty.com
18kyouiku1

| | コメント (0)

伊勢崎にて

こんにちは、松田です。

今日は群馬県伊勢崎市に視察です。

「市民参加条例」について勉強してきました。

詳細は後日ということにしますが、今日の宿泊先が下記のリンクです。

http://www.isesaki-sun.com/

きれいなビジネスホテルで快適な一夜を過ごせそうだと思っていましたが、ご案内いただいた伊勢崎市の方が貴重な情報をくださいました。

なんと姉歯大先生の設計だそうです。

貴重な情報ありがとうございました。

今夜は深い眠りにはいれそうです...

(耐震補強済みだそうです。)

Sunhotel

| | コメント (0)

今日から会派視察です。

長いようであっという間のGWでしたが、みなさん如何お過ごしでしたか?

僕はと言いますと、
3日 淀江の祭「よいとまかせ」
4日 アコの発案で皆生の温水プール
5日 友人宅にて、「流し素麺andバーベキュー」
と大忙し。

昨日は鳥取バードスタジアムに行く予定だったんですが、なんか子供たちも鼻タレてるし、雨降ってるし、僕もお疲れモードだしと言うことでキャンセルしちゃいました。
やっぱり鳥取ってことになると、フットワークが鈍っちゃいます(´Д`)
結果は、引き分けだったみたいですが、観客数が800人台。成績がはねかえってるんかな〜。
ガイナーレの奮起を願います。

さて、今日から会派で視察に出かけています。
やっと先程、恐怖のフライトを気合いで乗り切ったところです(^_^;)
今は視察先の新潟県は上越市さんへの道のりをひた走る上越新幹線の車中です。
今回はパソコンを持って来んかったんで、携帯電話よりの初書き込みなんですが、いや〜ストレス溜ります。
普段も携帯からのメールはあんまりしないもんで…
読みづらいと思いますが、勘弁してくださいね。

まっ、何はともあれ、視察頑張ってきま〜す。

| | コメント (0)

連休も中休み

連休も中休みです。
一日を振り返ってみますね。


まず、子供に朝ご飯を食べさせた後、ガイナーレの胸くその悪い「結果」・「順位表」・「コメント」をマックに叩きつけます。
そして「会派総会」の為、九時半くらいに登庁。
「ガイナーレブース」に赴き、さっきのプリントアウトした、ガイナーレの情報を張り替え。
このブースの情報は、今のところ松田の管理下にあります。(スタッフ不足の為です。)
しかし今朝のは、ちょっと辛すぎたかな?
詳しくは市役所で、明日まで限定公開です。
あっ、総合案内の職員の方、いつも親切にしていただいて、ありがとうございます。
ホントに助かっていますよ!!

さてその後、5階の「会派控え室」まで階段を昇って行くわけです。
控え室に行きますと、コーヒーの準備(ぺーぺーの大事な仕事です)
今日は総会に先立って、体育課から東山庭球場等の使用料についての説明がありました。
内容については、また時期が来たらお知らせします。

その後、予算委員会の反省点の協議と、視察の打ち合わせ。
帰宅後は葬儀に出席、今に至ると言った一日でした。

というわけで、7日〜9日に会派で視察に行って来ます。
今回のお題は
上越市「バイオマスタウン構想」
伊勢崎市「市民参加条例」
調布市「市民参加の取り組み」
です。
しっかりと勉強して来たいと思います。
今から視察の飛行機移動に怯えている ”腰抜け”松田ただし でございました。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »