« 質問戦、とりあえず終了 | トップページ | 今日は民生環境委員会です。 »

予算審査特別委員会

予算審査特別委員会のレポです。

会派ごとの質問戦が行われました。
松田の会派は「渡辺じ議員」「中田議員」「谷本議員」が質問を行いましたところ、予想通り「ガチ」の論戦が繰り広げられました。

「ゼロ査定」(予算要求したものの却下された事業)の事業費を各部に聞いたところ、
企画部「行政情報収集サイトの加盟料」
教育委「学用品」
等々出てきたのですが、なんと市長が途中で遮り、
「いろいろ言ってるが、納得済みのはずだ!!」
と怒りをあらわにする一幕も...。

その後もたらたらと出る出る(笑)
なんだか本当に内部はうまくいっていない様子。
論客で知られる、遠藤議員(他会派です)の「陰田市道の土砂崩れ復旧工事関連」の質問に建設部がしどろもどろになっているにも拘わらず、市長は一切「我関せず」。

さて、質問を進めて行くと予算の大きな問題点が噴出。
「扶助費(生活保護とか)」△4億
「障害者自立支援」△7000万
等々、削減できるわけの無い予算が削られている点を指摘すると、「補正予算で補填して貰います。」との答弁が続出。
「補正ありき」の予算って何?
助役も「通年の事です」の一点張りですし、なんだかな〜といった感じです。
言葉は悪いかもしれんですけど「粉飾予算」と言われてもしょうがないですね。
ただただ圧縮しただけ。

また、やりとりの中で「循環バス」の予算が半減している点を指摘すると、「実は値上げを...」と告白。
今回様々な使用料の値上げ条例案が」上程されているんですが、バスの件は一切無かったですよ!!

と言うわけで、ちょっと解りにくかったかもしれませんが、当局の連携・準備不足が露呈した委員会でした。
本当、こんな感じの論戦を中継すれば良いのになと思いました。


|

« 質問戦、とりあえず終了 | トップページ | 今日は民生環境委員会です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 質問戦、とりあえず終了 | トップページ | 今日は民生環境委員会です。 »