« 県知事選挙開幕!! | トップページ | 当初予算「全会一致」で否決!! »

予算審査特別委員会 全体会

今日は予算審査特別委員会 全体会です。
松田の会派 新風は「平成19年度米子市一般会計予算」を否決の立場で採決に望みます。
これは米子市議会始まって以来の出来事です。

理由は「粉飾予算」であると言う事です。
「粉飾決算」と言う言葉は良く聞かれますよね。下記参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/粉飾決算
そいつの予算版です。
つまり数字を縮減してカッコつけただけの「嘘っぱちの予算」なんですわ。


先日のブログにも書いたんですが、明らかに「必要である」という経費を、解っていながら計上していないからです。
しかも、余剰予算が「6億」もあるとの答弁を、公式の場所で行ったというのが決定打となりました。
このような事実を見過ごすと言うことは、議会の存在意義を自ら放棄すると言うことになります。

上で「米子市議会始まって以来」と書きましたが、この事実は「議会」が「チェック機関」としての役割を果たしていなかったと言うことです。
議案に対する修正案が議員から提出、可決されたのも「ごみの有料化議案」が初めてだったそうです。
夕張市の破綻も、結局議会が機能していなかった為です。
今回の動きはマイナスの効果もあろうとは思いますが、画期的な出来のようです。

ただ、ご安心いただきたいのは、とりあえずこの「否決」によって市民生活には影響は出ないということです。
最低限の必要経費の部分に関しては、執行が出来るためです。

ということで、おそらく否決されます。
明日の新聞にくわしく載ると思いますので、注目してみてください。

|

« 県知事選挙開幕!! | トップページ | 当初予算「全会一致」で否決!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 県知事選挙開幕!! | トップページ | 当初予算「全会一致」で否決!! »