« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

淀江町巡り

今日は「広江はじめ」県会候補の選挙カーに乗せて貰いました。
およそ2時間をかけて、地元淀江町を一通り廻らせていただいたわけですが、改めて淀江の素晴らしさに気付かせていただいた次第です。
真名井・本宮の名水の泉、そしてその泉の源となる山々、そして日本海と、本当に自然に恵まれていますね。

おまけに今日は「砂嵐」付き...。

充実した2時間でした。
砂嵐は余分でしたが(*^_^*)

さて明日はガイナーレ東山開幕戦です。
松田は屋台村でごそごそしてますので、お声をかけてくださいね。
ホームでの大勝利を願っています!!

Sennsya3_1

| | コメント (0)

今度は県議会選挙です!!

いよいよ今日、県議会議員選挙も告示されました。
またまた早朝ポスター貼りです。
知事の時は西原地区のみ、11枚だったんですが、今回は淀江・西原地区と言うことで、26枚。
嫁と弟と妹にもお願いして、松田兄弟2班体制で臨みました。
8時30分に受け付け開始で、ポスター掲示場所の抽選が行われます。
よって、県会だと10人前後ということで、5分くらいで番号が決まります。
そうすると、各地に散らばった「ポスター部隊」に電話がかかってくると言う手はずになっています。

8時35分。
事務所より「11番です!!」との電話がありまして、そっから「よーいドン」で貼りまくって来ました。

で、なんで必要以上に急いでるかって、10時00分からの出陣式に行かないけんからです。
淀江からだと上後藤まで行くのに、30分は見とかんと間に合いません。
遅刻はマズイですからね。

さて、先日の知事ポスター貼りで看板の場所は把握してたんで、極めてスムーズに事は運びました。
26カ所全部で一番乗りを画策していたのですが、公明党さんに1カ所だけ先を越されちゃいました。
25勝1敗です(T.T)
あっ、誰のポスターって、広江県会ですよ(^_^)b

ということで、出陣式にも無事間に合いました。
式典のほうは、野坂道明議員の司会で(松田は今日は仕事なし)、盛大に執り行われまして、松田もちょっとだけ花を添えさせていただいた次第でございます。
参加者は500人くらいいらっしゃいましたかね? 正直スゲーです(汗)

松田ただし、広江はじめ候補の大勝利を心よりお祈りしております!!


さて、明日から期日前投票が可能となります。
場所は市役所と淀江支所。
時間は8時30分〜20時までです。


Pos2_1

Syutujinn4_1


Syutujinn3
Syutujinn2_1

Syutujinn1

| | コメント (2)

予算審査特別委員会とは?

理事長@07 さんのコメントに回答したいと思います。
>予算委員会は全議員参加の委員会だったと思いますが、本会議で予算を審議することとどのような差異があったのでしょうか。また、その効果はどのように感じられましたか。

従来は代表質問の時間内で予算関係の質問を行ってたのですが、今回の予算審査特別委員会(以下 予算委員会)を設けることによって、「予算関連のみ」の質問時間を別枠で設けたと言うところです。

「予算審査特別委員会全体会」が設けられ、議員全員参加で本会議場での質問戦が行われたところが、特徴的ですね。
ま、各会派によって、質問の「質」はまちまちでしたが(^_^;)


最も意義があったと思われます、「会派持ち時間」を説明します。
○代表質問
会派の人数×30分(新風は10人ですので、300分)

○予算委員会
会派10分+会派の人数×3分(新風は40分  1人会派でも13分)

上記の部分が追加されたことよって、より突っ込んだ検証が行われ、議論が交わされました。
その結果、今回の「全会一致での否決」などと言う、予算をめぐる騒動が起きたわけです。
また、予算委員会の設置により、会期が4〜5日長くなっています。

新市議会での画期的な取り組みだったのですが、聞くところによると、昭和40年代には存在したらしいです。

こんな感じで解りましたでしょうか?

| | コメント (2)

オワタ

今おわりました。
8時30分ですわ。
電池が切れたんで、詳細は後日...  (-o-)/ハーイ

| | コメント (1)

修正予算案 賛成多数で成立

予算委員会のテレビ中継は当然「無し」で決着しました。

さて、修正予算案ですが、賛成22  反対8 で採択されました。
松田の 会派 「新風」も全員賛成に立ちました。
反対は「未来」「共産」です。

まだ議会は継続中です。
9時までには終わるかな?

| | コメント (0)

予算委員会テレビ中継の是非

休憩中です。
市長から修正予算案が提出されました。
内容は新風の指摘した点を修正したモノでした。
新風としては納得せざるを得ない予算案です。

未来の森議員より、予算委員会のテレビ中継継続の動議が出され、紛糾しています。

未来の主張
○市民の重大関心事である。
○中海テレビが無料での中継を申し出ている。
○情報公開の観点から、公開するべきだ。

ま、言ってることはもっともですかね。
もっともな理由の裏には、「修正案を提出する、未来を中継させたい」との思惑が見え見えです。

「議会」はあくまで「ルール」に乗っ取って運営されるモノです。
予算委員会の運営に関しては、何度も何度も議論を重ねて、今回は「中継なし」との結論で、彼ら納得しているはずです。
時にはルールを無視し、時にはルール遵守を頑なに主張される姿勢には不信感を持たざるを得ません。

実は今朝、議長に対して同様のオファーがあったそうです。
しかし、上記の理由で断っています。
当然ですよね。

また、議長に断られたから、未来に動議をさせるってーのは、中海テレビの姿勢も疑われちゃいます。
しかも「タダ」で良いからって...。
議員の「口利き」と取られても仕方がないと思います。
しかも本会議の場でです。
今朝の議運では、そういった趣旨の発言は一言もなかったにもかかわらず。

また議場にて、森議員より「議長は情報公開を阻止するのか!!」との趣旨の発言が。
議長を冒涜する発言ですよ  (-_-メ)


まー、今日は長引きそうですわ。

| | コメント (0)

今日で閉会 (のはずです。)

おはようございます。
今日は朝からマスコミだらけで大騒ぎです。
この度の予算案否決は、それだけ関心を集めていると言うことですね。
もし予算が採択されなければ、会期延長もしくは臨時議会です。

一部で、新風と当局の「出来レース」だなんて批判している方がいますが、全くそんなことはありません。
ガチンコです。
故に、まだまだ流動的部分が多く、予断を許さない状況です。

議運に行って来ます。

取材をうける中村議員
Syuzai_1

| | コメント (0)

東京都知事選挙

東京都知事選挙が盛り上がっていますね。
14人立候補されているみたいです。
改革派知事として、我が片山知事と並び称される、浅野史郎候補のマニフェストを見てたんですが、ちょっと気になった点が。
http://www.asanoshiro.org/070320-manifesto/05.htm
「国歌・国旗の強制をあらためる」そりゃ無いでしょ...。
「副知事に女性を登用」って...。
反石原色の為の公約なんでしょうが、正直なんだかな〜と思っちゃいました。


しかし、この衝撃映像で全てが吹っ飛びました。(音が出ます注意!!)
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=182569
これ政見放送ですから、税金で製作されてるんですよね...。

東京都民のみなさん賢明な判断を…>_<…

| | コメント (0)

久々の選車と粉飾予算

司会をさせられた、もとい、させていただいた翌朝、選挙カー(以下選車)に乗せられ、じゃなくて、乗らせていただきました。
7:40分集合のということでしたが、なんと嫁さんが目覚めたのは7:20分。
奇跡的に間に合ったものの、今度は「ウグイス(選車でしゃべる女性)が来てないから、お前カラス(選車でしゃべる男性)な」って...。

というわけで、約9ヶ月ぶりに選車でお話をさせていただきました。
しかし張り切りすぎて、「朝は爽やかに」とおしかりを受けちゃいましたわ(^0^;)

約1時間ほどのカラスだったんですが、なんか気持ちよかったです。
途中から赤沢先生と石破先生が乗車され、非常に豪華な遊説となりました。

今度は28日に淀江地区で乗車予定です。
人集めしなきゃ...。


さて、「米子市予算全会一致で否決」が新聞を賑わしています。
会派 新風では、納得の行く修正予算案が提出されれば、27日の本会議採決では、通す方向で議論を行っています。
ただ「粉飾予算(これ松田の命名ですからね!!)」の「粉飾」部分が解消されていない場合は、当然再び否決と言うこともあり得ます。
もし仮にそのような事態になった場合なんですが、先日も書いてますが、市民の皆さんには迷惑はかかりませんので、その点はご安心下さい。

野坂市長をはじめとする、市当局の誠実な対応を期待しています。

平井選車の中の模様です。
Sensya_1
Gijyou1

| | コメント (0)

当初予算「全会一致」で否決!!

「全会一致」で否決されました。
「全会一致」ということは共産党から公明党、自民系、民主系全部が「NO」を突きつけたと言うことです。
事実上の不信任ともとれますね。
ひょっとすると、選挙かも...。


とか思ってましたが、それは無くなりました(^_^;)

27日の最終日に、修正予算を再審議になりました。
だだくさな話ですよね...。


さて、今夜は地元淀江町内にて、「平井しんじ知事候補」の個人演説会設営と、司会(またかよ!!)です。
なんだかテンション上がってきましたんで、はじけてきたいと思います。

ちなみに20:00 から JA淀江支所で行います。
お時間の都合がつくという方は、是非お出かけ下さい。

任務無事完了。
お忙しい中お出かけいただいた皆さん、ありがとうございました。
画像は設営部隊のみなさんと平井候補。
Sikai2

| | コメント (0)

予算審査特別委員会 全体会

今日は予算審査特別委員会 全体会です。
松田の会派 新風は「平成19年度米子市一般会計予算」を否決の立場で採決に望みます。
これは米子市議会始まって以来の出来事です。

理由は「粉飾予算」であると言う事です。
「粉飾決算」と言う言葉は良く聞かれますよね。下記参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/粉飾決算
そいつの予算版です。
つまり数字を縮減してカッコつけただけの「嘘っぱちの予算」なんですわ。


先日のブログにも書いたんですが、明らかに「必要である」という経費を、解っていながら計上していないからです。
しかも、余剰予算が「6億」もあるとの答弁を、公式の場所で行ったというのが決定打となりました。
このような事実を見過ごすと言うことは、議会の存在意義を自ら放棄すると言うことになります。

上で「米子市議会始まって以来」と書きましたが、この事実は「議会」が「チェック機関」としての役割を果たしていなかったと言うことです。
議案に対する修正案が議員から提出、可決されたのも「ごみの有料化議案」が初めてだったそうです。
夕張市の破綻も、結局議会が機能していなかった為です。
今回の動きはマイナスの効果もあろうとは思いますが、画期的な出来のようです。

ただ、ご安心いただきたいのは、とりあえずこの「否決」によって市民生活には影響は出ないということです。
最低限の必要経費の部分に関しては、執行が出来るためです。

ということで、おそらく否決されます。
明日の新聞にくわしく載ると思いますので、注目してみてください。

| | コメント (0)

県知事選挙開幕!!

テンプレートを春らしく「さくら」のイメージに変更しました。
いかがでしょうか?

ガイナーレ、持病の「引き分け病」が発症したみたいです。
相手が一人退場してからの失点...。
選手のみなさん、がんばってください!!


さて、鳥取県知事選挙が、いよいよ告示されました。
先日、松田は自民党淀江支部の幹事長に就任させていただきました。
よって、自民党推薦「平井しんじ」候補を全面的に応援します。
今朝も朝からポスター貼りです。
しかし、雨じゃなくて良かったですわ。

僕の選挙の時は、看板位置の詳細な地図をお渡しさせていただいたのですが、今回は無し...。
「○○ゴミ集積所前」とか「○○さん所有倉庫前市道沿い」って、地元の人間でも解らんって(-.-;)y-゜゜
さながらオリエンテーリングの様相を呈していました。
「あっちでもない」、「こっちでもない」と近所をウロウロしたのですが、なんとかかんとか1時間ほどで貼り終えました。

さて、長い選挙戦ですが、平井さん 頑張ってください!!
(投票日は4月8日です)


画像追加
先ほど行われた米子での出陣式の模様です。
Pos1
Hirai_1

| | コメント (2)

じきょくこうえんかい

昨日は「自民党時局講演会 並びに 広江はじめ講演会総会」に来賓で参加させていただきました。

弁士は、
平井しんじ 鳥取県知事候補
赤沢りょうせい 衆議院議員
常田たかよし 参議院議員
田村こうたろう 参議院議員
広江はじめ 鳥取県議会議員
武見けいぞう 参議院議員(TVタックルでおなじみ)

と、蒼々たる面子ですので、座っているだけで良いという非常に素晴らしい会でした。
と書く予定だったのですが...。


先日友人達と飲み会をしているときに、「司会やれ」との電話が...。
「シナリオが頂けるなら...」と渋々引き受けさせていただいたのですが、待てど暮らせどメールが来ないのですよ。
結局当日の朝、会場で受け取りました。

というわけで、600人の聴衆と先生方の前で司会させていただきましたよ。

しかし、意外と緊張はしなかったのですが、(場数ですね...)一つ問題が。

「じきょくこうえんかい」が言いにくいったりゃありゃしないのですよ。
松田の選挙の時のキャッチフレーズ「こそだてせだい」に次ぐ言いにくさです。
2回しかなかったのに2回とも噛んじゃいました(T.T)
「じこくこうえんかい」になっちゃいました。

ただ、先輩方からは「上手になった!!」「たいしたもんだ!!」とお褒めの言葉(気を遣っていただいて...)
をもらったわけでしたが、家族からはいろいろ「だめ出し」が。
やっぱり身内は厳しいですわ。


ps.今朝ヤフーメールを偶然チェックしたところ、シナリオ来てました。
19日に...(。^。)コケ!
Minasan1
Sikai1
Takemi1_1

| | コメント (0)

淀江小学校卒業式

20日は淀江小学校の卒業式に行って来ました。
新しい体育館での初めての卒業式ということで、実質の「こけら落とし」的な行事となっていました。
季節外れの寒さに震えながら、座らせていただいていたわけです。
しかし小学生は元気があって良いですね。
中学校の卒業式は「微妙な年頃」ということもあって、なにか「照れ」が感じられるんですが、小学生、特に在校生の子どもたちは フルスロットルですからね(^_^;)
国歌斉唱もフルボリュームでの絶叫です。

松田のころと比べると、すこし短くなっているみたいでしたが、すてきな卒業式でした。

でも「仰げば尊し」は無かったです...。
Syou1

| | コメント (0)

不覚...

ガイナーレ初戦黒星。
残念ですが、悔やんでいても仕方がない。
ホームで勝ちゃいいんですよ!!
ホームで!!

さて、先日来から「青経連」で「ガイナーレビッグフラッグ」を各小学校を巡回して、こどもたちに寄せ書きをしてもらってます。
今日は、地元淀江で行われるということでしたので、勇んで行ってきました。

しかし...

松田
「校長先生!! 例のサッカーの旗の件で来ましたよ!!」

校長
「えっ?こないだ来なったよ?」

ハメられた...。


市役所から大急ぎで帰ってきたのに....。

期せずして、改築になった体育館の視察会になってしまいました。
明日も卒業式に行くんですが...。

後で確認してみても、期日連絡のメールに「19日」としっかり書いてあります。
ガセネタを掴ませてくれた、Tガイナーレ副委員長さま。
本当にありがとうございました。
今夜の委員会は、覚悟しておいてくださいね。

ビッグフラッグに夢をしたためる、淀江のこどもたち(想像図)
1172533612

| | コメント (0)

今日は民生環境委員会です。

おはようございます。
どうでも良い話ですが、昨日から市役所内の移動を階段でしています。
嫁さんからエレベーター禁止令が発令された為です。
最近肉体労働を全然してないもので、ちょっと太り気味でし...。
議会は市役所の5階ですので、結構厳しいです。
今朝もふーふー言ってました。
いつまで続くか解らんですけど、頑張ってみたいと思います。

さて、今日は松田の所属委員会である、民生環境委員会です。
今回は予算委員会の分科会がありますので、長くなりそうです。
ちなみに昨日の総務文教委員会は19時くらいまでかかったみたいですわ。
長丁場ですので、ペース配分を考慮して(←オイ!!)頑張ってきます。

| | コメント (0)

予算審査特別委員会

予算審査特別委員会のレポです。

会派ごとの質問戦が行われました。
松田の会派は「渡辺じ議員」「中田議員」「谷本議員」が質問を行いましたところ、予想通り「ガチ」の論戦が繰り広げられました。

「ゼロ査定」(予算要求したものの却下された事業)の事業費を各部に聞いたところ、
企画部「行政情報収集サイトの加盟料」
教育委「学用品」
等々出てきたのですが、なんと市長が途中で遮り、
「いろいろ言ってるが、納得済みのはずだ!!」
と怒りをあらわにする一幕も...。

その後もたらたらと出る出る(笑)
なんだか本当に内部はうまくいっていない様子。
論客で知られる、遠藤議員(他会派です)の「陰田市道の土砂崩れ復旧工事関連」の質問に建設部がしどろもどろになっているにも拘わらず、市長は一切「我関せず」。

さて、質問を進めて行くと予算の大きな問題点が噴出。
「扶助費(生活保護とか)」△4億
「障害者自立支援」△7000万
等々、削減できるわけの無い予算が削られている点を指摘すると、「補正予算で補填して貰います。」との答弁が続出。
「補正ありき」の予算って何?
助役も「通年の事です」の一点張りですし、なんだかな〜といった感じです。
言葉は悪いかもしれんですけど「粉飾予算」と言われてもしょうがないですね。
ただただ圧縮しただけ。

また、やりとりの中で「循環バス」の予算が半減している点を指摘すると、「実は値上げを...」と告白。
今回様々な使用料の値上げ条例案が」上程されているんですが、バスの件は一切無かったですよ!!

と言うわけで、ちょっと解りにくかったかもしれませんが、当局の連携・準備不足が露呈した委員会でした。
本当、こんな感じの論戦を中継すれば良いのになと思いました。


| | コメント (0)

質問戦、とりあえず終了

今日で、代表質問・各個質問が終わりました。

今議会はいつもに増して、対決ムードが高かったような気がします。
保守系会派からもかなり批判的な発言が飛び出していました。

正直申しまして、松田の質問も前回までとはシフトチェンジしました。
なぜなのか?
市長および当局の様々な対応に、「誠意」が感じられない気がしたからです。
質問の本文にも書いてますが、米子市は今、市民の皆さんに新たな負担を次々と求めています。
にもかかわらず「お願いをする」という姿勢がどうにも感じられないのです。
それは、議会に対しても同じ事で、何かこう、 議会を軽視しているような雰囲気を、議員みんなが感じています。
異論もあろうかと思いますが、議会は市民の代表なのです。
議会を軽視するってことは、市民を軽視していると言うことに繋がると思うんですよ。
なかなか上手く表現出来ませんが、なにか違和感を感じた質問戦でした。


さて、明日から、いよいよ「予算審査特別委員会」が始まります。
「予算審査特別委員会」は今年度から新しく立ち上げられた委員会で、読んで字のごとく「次年度の予算」を審査する委員会です。
ただし、初めての試みですので、議会・市当局ともに手探りの状況です。
よって明日からの論戦は、かなり「ガチ」の部分があるように思います。
良い方向に転んでくれれば良いのですが、最悪ぐっちゃぐちゃになる恐れも...。


しかし、あくまで「委員会」ですのでテレビ中継は無いみたいです。
ちょっと残念です。

| | コメント (4)

第60回 淀江中学校卒業式

第60回 淀江中学校卒業式に参列させていただきました。
母校に足を踏み入れるなんて、何年ぶりですかね〜。
え〜と、今33歳だから、単純に 33ー15=18 
え〜!! 約18年ぶり!?
おっさんになるわけです。

さて、久々の母校なのですが、体育館は新しく(いつの話やねん)なっていたんですが、その他はほぼそのまんま。
なんだか懐かしくて...。(ここらへんから既にヤバイ)
しかし、プログラムをいただいて驚きました。
「仰げば尊し」が無くなってて、「旅立ちの日に」と言う謎の歌がプログラムに印刷されているからです。

Wikipediaによると、こんな曲だそうです。
「旅立ちの日に」は1991年、埼玉県秩父市立影森中学校の教員によって作られた合唱曲。作詞は当時の校長小嶋登。作曲は音楽教諭の坂本浩美。
全国の小中学校の卒業式の約6割で歌われている。『仰げば尊し』や『巣立ちの歌』、『贈る言葉』などに代わって、最も広く歌われる卒業式の歌となり、テレビ番組でも取り上げられた。

(下記リンクで聞けます、音が出ますのでご注意下さい。)
http://www.momo-mid.com/mu_title/tabidachino_hini.htm

「仰げば尊し」好き(なんだそりゃ)の松田は、正直「なんだかな〜。」という気持ちでした。


が、2番の


「懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もない いさかいに 泣いたあの時
心通ったうれしさに 抱き合った日よ
みんな過ぎたけれど 思い出強く抱いて」

卒業生の合唱が、この部分に差し掛かった途端に涙が溢れて来ちゃって...。


松田の友達に「のりお」ってやつが居ました。
99年に、交通事故で死んじゃったんですけどね。
その「のりお」と「後援会長」と「松田」の三人は中学時代、いつも一緒でした。
そして、いつもこの校舎でバカ話をしたり、今思うと下らない悩みを語り合ったり、女の子を追っかけたり...。
そんな光景が、急に甦って来ちゃっいまして...。

実は嫁さんと出会うことが出来たのも、「のりお」のおかげでした。
あいつ、今の松田を見たらなんて言ってくれるかな?


というわけで、思いがけずなんだか綺麗な気持ちになった卒業式でした。
ご案内いただいて、ありがとうございました。
そして卒業生のみんな、おめでとう!!

Chuu1

| | コメント (3)

3月議会 「職員の意識と給与の問題」編

最後の項目です。
ちょっと長いですがご勘弁ください。
(注)答弁内容はかなり要約していますし答弁者も差異があるかもしれません。

あと、ラスパイレス指数については下記をご参照下さい。
http://www.soumu.go.jp/iken/kyuyo.html
それでは行ってみよ〜(^O^)/

「職員の意識と給与の問題」
(○が松田の発言)

(1) 給与および各種手当てについて
○ゴミの有料化・下水道料金の値上げ等々、市民の皆さんの負担感は、着実に高まってきている。
そのようなタイミングで、ラスパイレス指数が何故あの様なかたちで発表されたのかお聞かせ下さい。
また、各種手当ての内容についてお聞かせ下さい。

(総務部長)ラスパイレス指数の公表につきましては、総務省が各団体の給与実態調査の概要を毎年12月頃公表することに伴い、同時期に鳥取県が県内市町村のラスパイレス指数を公表したところでございます。
職員手当につきましては、扶養手当、住居手当、通勤手当、管理職手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、単身赴任手当、期末手当、勤勉手当及び退職手当等がございます。

○まずラスパイレス指数の公表なんですが、毎年のことなんですね。
ただ、と言うことは、101.4という値に関しても、そしてこのような状況下で批判を受けることは「想定されていた」ということでよろしいでしょうか?
また、いろいろと批判を受ける、「各種職員手当」に関してはなんですけど、本当に様々なモノがあるなと言う感想を持ちました。これら給与・手当についての改革は考えていらっしゃいますでしょうか?

(市長)指数に関してはそうです。職員給与は削減に向け組合と粘り強い交渉を進めます。手当については特に考えていません。

○つまり市役所に対する風当たりが強くなることは予想されていたと言うことですね。市民感情に対する配慮が足りなかったのではないでしょうか?
何かこう、全ての事柄が、後手後手にまわっている感じを受けますね。
特に、市民のみなさんの気持ちについて、軽くみているんではないでしょうか?今最も求められていることは、「市民の目線で施策を実行するという姿勢」であるとおもいます。これからの時代、市民の空気感を読む事が出来なければ、行政運営は成り立たないと考えます。
市長の見解をお聞かせ下さい?

(市長)市民の皆さんの声を真摯に受け止めたいと思います。

(2) 職員研修について
○7月議会で中村議員の質問をうけ、検討に入られた、職員の民間企業への派遣研修の現状をお聞かせ下さい。

(市長)民間企業への派遣研修につきましては、現在派遣先企業の検討を行っているところであり、今後企業へ受入の可否等について打診をしていくこととしております。

○ただ、今市職員に求められている事は、市民の目線で物事を考え、実行するという事につきると思います。そのためには民間の空気を肌で感じることが最善の研修であると考えます。
そこで再度お伺いしますが、民間企業への派遣は進捗していないということでよろしいでしょうか?

(市長)滞っています。

○原因をお聞かせ下さい。

(市長)なかなか受け入れ先が…。

(3)意識改革について
先般鳥取市が青年会議所・青年中央会・商工会議所青年部「青年経済3団体」へ若手職員を派遣するという発表を行いました。
目的を要約しますと「民間の空気を肌で感じてきていただきたい」と言うことのようす。
当米子市においても7月議会におきまして中村議員よりまったく同様の提案がありました。
この鳥取市の動きついての見解をお聞かせ下さい。

(市長)「青年経済団体」への会員加入は、民間企業の方々との情報の共有という面では得るものも多いとは思いますが、会員の皆さんは自己の責任のもと加入されている中にあって、職員の公務の範疇がどこまでなのか、会費等の負担をどこまでできるのか、など懸案事項も多々あるのではないかと思います。

○先日鳥取市に現状を問い合わせてみたところ、「会費はすべて鳥取市で負担する」ということでしたが、それ以外は課題とされている点は全く同じでした。
しかしながら、万難を廃してでも、実行されるということはそれ相応の価値を見いだしているからではないでしょうか?私の感覚では、民間企業への受け入れは正直難しいと思います。米子市においても是非とも「青年経済団体」への職員を派遣を検討いただきますよう要望いたします。


○さて、先日会派新風で視察に行って来ました福岡県春日市では新人職員研修の初日の大部分を費やして「1円でも多く、市民の方々に還元する。」という基本理念をたたき込むという説明を受けました。
「行政は最大のサービス業である」とよく言われますが、まさにそれを地でいっている自治体でありました。
民間では良く「CS カスタマーズサティスファクション(顧客満足度)」という概念が、今や当たり前のように用いられています。
今や行政おいてもこの「顧客満足度」をいかに得るのかが最重要課題であると考えます。
米子市財政が危機的状況であることは、浸透しつつあると考えます。
そしてそれに伴う負担増により、市民のみなさんの不満が、市役所に向けられている現実は間違いなく存在するのであります。このような状況が続くようでは、市職員の皆さんも仕事がし辛いと思います。
市民の皆様に納得、そして満足いただかないことには、市長の唱えられる「みんなための市役所」ですとか「市民との協働」も絵に描いた餅になってしまうんではないでしょうか。
いろいろと「職員の意識改革」についてもうしあげさせていただいたわけですが、私が本当に求めたいのは市長の姿勢についてであります。
市長にお伺いします。米子市の景況感についてどのような認識をお持ちでしょうか?

(市長)全国的には回復基調にあるようですが、まだまだ届いてないと言うのが現状だと思います。

○不景気のさなかに市民負担を上げるという政策が、「異常事態」であるという認識をお持ちでしょうか?

(市長)心苦しく思っております。

○ゴミの有料化等の説明の折りに出てきます、「受益者負担」とか「応益負担」という文言は課税理論の一つにすぎません。
課税理論の原則は、「好景気に増税して、景気を冷やし、不景気には減税で景気を喚起する」というものです。
ですから、不景気のさなかに市民負担を増やすということは、いくら「応益負担」という理論が正しくても、経済政策の大原則に反しています。むしろ、減税で景気を喚起すべきときに、原則に反してまで実行するのは、異常事態と受け取れます。
このような現状に対し私が感じているのは、市長に「市民の皆さんにお願いをする」という姿勢が欠けているんじゃないかということです。
今の米子市の負債は、野坂市長の作られたモノではありません。そのことは、すこし考えれば分かることです。
「市民の皆さん、申し訳ありませんが財政難の折りですので、米子市を救う為に、ご負担を何とかお願いできんでしょうか?」という姿勢を真摯にしめされれば、良識ある米子市民の皆さんはそこまでお怒りにならないと思います。
たとえばケーブルテレビで一日中お願いの番組を流すとか、いろいろ方法はあると思うんですよ。
そして、そういった「市長の姿勢を示す」ことが、一番の「職員の意識改革」に繋がると思います。
今の米子市は、三人寄れば「野坂市政の批判」が始まります。
中には、「市長の支持率調査をするべきだ!!」でありますとか「市民に負担を求める前に、職員給与を半分にしてしまえ!!」だとか過激な意見も少なからず耳に入ってまいります。
そして、市長、そしてわれわれ議員はじめとする特別職報酬削減の条例案も上程されました。職員給与に関しては粘り強く交渉に当たっていただき、削減を実現していただきたいと思います。
行政と市民の協力関係がなければ、今日の行政は機能しません。
市民のみなさんの「気持ち」に配慮した、スピード感を持ったさらなる改革を、要望しまして私の質問を終わります。

| | コメント (7)

3月議会 「伯耆古代の丘公園」編

つづいて
「伯耆古代の丘公園」編です。
(○が松田の発言)

(1)他の公園・文化施設との比較
○現在「伯耆古代の丘公園」の入館料は「300円」となっております。それに対して、山陰歴史館、福市考古資料館及び淀江歴史民族資料館は、平成18年度から指定管理委託され、入館料が無料となり、入館者数が増加しています。
1、この3館と伯耆古代の丘公園の指定管理委託料は、いくらでしょうか?
2、指定管理前の入館料収入は、いくらでしょうか?
3、入館者数は、いくらでしょうか?
4、伯耆古代の丘公園の整備費用は、いくらでしょうか?
5、湊山公園は何故無料なのですか?

(経済部長)
山陰歴史館等 
 委託料 2077万円 
 入館者 9697人
 入館料収入 128万円

伯耆古代の丘公園
 委託料 1900万円
 入館者 14405人
 入館料収入 290万円
 整備費用 14億6300万円

湊山公園
 都市公園法に基づいた公園なので無料

○山陰歴史館等については「集客施設として不十分な現状から、入場料収入を得るより、多くの人たちに足を運んでもらい認知度を高める」という目的のもと指定管理者のご英断により、入場料を無料化されました。この戦略が功を奏し、入館者は6割増しとなったと聞いています。しかしながら、同様の歴史施設である、伯耆古代公園については、平成11年度約30000人から平成17年約15000人と入場者数が半減している、この原因をどのように分析されていますか?

(経済部長)減少の原因につきましては、リピーターの確保ができなかったことですが、周辺施設と連携がうまくいっていないなどが考えられます。

(2)料金設定の妥当性
○公園整備に14億円という多額の費用をかけられた施設でにしては、非常に入館者数が少ない。山陰歴史館等3館は無料となり、入館者数が増加している。 伯耆古代の丘公園も無料として、広く市民に公開したほうが良いのではないか。

(市長)先ほどの3館につきましては、指定管理になった際に、入館料が無料になっておりますが、3館の入館料を合わせても、128万円であったこともあり、指定管理者の判断で無料の扱いとなっております。
しかしながら、伯耆古代の丘公園の入館料につきましては、平成17年度決算額で、約290万円であり、無料にすることは、管理運営に支障をきたすことも考えられます。安定経営、利用者増及び市民の幅広い有効活用ができるよう指定管理者とも協議していきたいと考えております。

○「無料にする事は、管理に支障をきたす」とのご答弁ですが、山陰歴史館等の管理委託料は2077万円で入場料収入の128万円を引いても、1949万円と、伯耆古代の丘公園の管理委託料1900万円を超えています。経営安定策としての収入見込みを強引に入れた発想はおかしいと思います。
あくまで公共の施設である公園で入場料をとるという事への認識が甘いのではないでしょうか?
少なくとも私の周りでは、300円の入場料に対する満足感を感じられないという声を多数聞きます。このような現状をふまえて考えますに、今後においては市民に広く利用していただく」手だてを考えた方が良いのではないでしょうか?「指定管理者と市民の幅広い有効活用を協議する」とのことでしたが、このことについての具体的お考えは何か有りますでしょうか?


(経済部長だったかな?)即効性のあるような、具体的な考えはありませんが、指定管理者も、周辺に水仙やひまわりを植栽したり、様々な体験コーナーを設定したりするなどの地道な工夫を重ねており、協議をする中で知恵を出し合っていきたいと考えております。


○290万円「も」あるとの答弁ですが、私の感覚としては14億円という施設の整備費、またこの公園のポテンシャルに対して、290万円「しか」無いと考えます。290万円程度の事であれば、例えば有料アトラクションを充実させるとか、野外コンサートを開くとか、いろいろと手だてはあると思うのですが、こういった工夫をしてみたらいかがでしょうか?

(市長)現在の指定管理者も、様々な集客の取り組みを行なっているところですが、ご指摘のような方法での収益事業の可能性等についても、指定管理者と協議してみたいと考えております。


○今までの議論において「必ず有料」でなければならない理由が非常に弱い様に感じます。あくまで300円をお支払いいただいて満足いただける「観光施設」「集客施設」という位置づけであるのならば、「有料」でも致し方ないと感じますが、「米子市伯耆古代の丘公園条例」第2条によると「本市固有の優れた歴史遺産を生かし、市民の歴史に関する意識の向上及び歴史教育の振興を図る」という目的で設置された公園であると書いてあります。そういった目的の公園なのであれば、もっと広く市民に開放するべきであると考えます。再度市長の見解をお伺い致します。

(市長)本市固有の歴史遺産を生かすためにも、管理の安定運営が必要であり、市民の利用増の工夫に努めながら、観光資源として利用することで、財源の確保をすることも必要であると考えております。


○伯耆古代の丘公園「単体」での今後のビジョンをお聞かせ下さい。

(市長)古墳群など周辺整備と整合性を図っていくことになると考えております。

○具体的ビジョンは「無い」と言うことでしょうか?

(市長)現時点での具体的なビジョンはございませんが、今後、古墳群などの伯耆古代の丘整備計画と併せて検討することになると考えております。

○先ほどの質問で入場者数減少の原因について「リピーターの確保ができなかったことですが、周辺施設と連携がうまくいっていない」とご答弁頂いたわけですが、そこまで分析されていて何の具体的方策も無いというのは、いかがなモノでしょうか?
先日わたくしも、恥ずかしながら初めてですね、料金を支払って「伯耆古代の丘公園」へ行ってまいりました。時期が悪かった為に、ハスの花は咲いていませんでしたが、淀江地区がほこる歴史文化を感じるためには、素晴らしい施設であるなと感じました。
でも、300円払ってもう一回来ようとは思えませんでした。

こちらがその時の写真でございます。
(下記の写真をご参照下さい)

ご写真を見ていただいてお気づきになったかもしれませんが、私以外の入場者は一人もいらっしゃいませんでした。平日の昼間であったと言うことを差し引いても、本当に寂しい限りであると思います。
東屋は肥料置き場、高床建物は鳥の糞まみれ。
これで観光客が来ますか?リピーターがありますか?
しかし、何よりこの閑散とした、人ッ気の無い雰囲気か、「また来てみたい」という気をそいでいる最大の原因であるのではないでしょうか?

人の目に触れないから、施設はどんどん痛んできています。
観光目的の施設としては、現状においては残念ながら「失格」であると言わざるを得ないと思います。
しかし、周辺の温泉施設には、平日の昼間でありながら駐車場は満車状態でしたし、公園の周辺にはウオーキングをされている方、ジョギングをされている方が多数いらっしゃいました。
このような方にどんどん利用していただけば、本公園の設置目的である

「本市固有の優れた歴史遺産を生かし、市民の歴史に関する意識の向上及び歴史教育の振興を図る」

という目的は十分に達成されると思います。

実際「山陰歴史館等」は無料化後、利用者数がどんどん増えているではないですか。
先ほど私も初めて行ったと申しましたが、地元淀江地区の方でさえ、料金を支払って行きません。
自分たちの血税で作られた施設であるにも関わらずです。

このような現状であるのであれば、いっそ無料開放し、市民のみなさんの「公園」とした方が良いのでは無いでしょうか?
もし、市民の皆さんに開放され15万人の米子市民に親しまれる公園となることが出来れば、合併後の大きな目標である、「市民の一体性」の確保にも大きく貢献できるものと考えます。
14億円もかけた公園です。宝の持ち腐れに成らないよう、「伯耆古代の丘公園 無料開放」を強く要望させていただきます。


この質問なんですが、2/8の「ひろさん」のコメントをヒントにさせていただきました。
ありがとうございました。
Hasu
Bouken
Azumaya
Souko
Hun

| | コメント (2)

3月議会 「ガイナーレ鳥取支援」編

こんばんは、松田です。
代表質問も3日目が終わりました.

さて、今日はベテラン議員が揃った「新政会」の質問日だったんですが、午後から彦名小学校の子どもたちが見学に来てました。
ただ今日のやりとりは、一方通行のガチンコ(笑)でして、僕たちにもなんだか良く分からんかったです。
子どもたちは、どんな感想を持ったのかな...。


さて、今議会は3項目質問しました。
やりとりの要約を、1項目づづアップしますね。


それでは、恒例の「ガイナーレ鳥取支援」についてから。
① ホームタウンとしての意気込み
SC鳥取はチーム名を「ガイナーレ鳥取」と改め、新たなスタートを切り、先般行われたJリーグ理事会において、「準加盟クラブ」に認定されました。また、昇格要件について「JFLの年間順位が原則2位以内」から「4位以内」に規約が改定され。昇格条件が大幅に緩和されました。このことにより、ガイナーレ鳥取の来季からのJ2参入が俄然現実味を帯びてまいりました。そして、その申請の際、当米子市も「ホームタウンとしての要請」を受諾されたわけですが、その際の意気込みと言いますか、決意の程をお聞かせ願えませんでしょうか?

(市長)準加盟は大変喜ばしい事だと思います。米子市としては「市の政策での活用」「施設面での優遇措置」「広報」 以上三点の支援を行います。

② 今後の展開
非常に力強いお言葉を頂きまして、今後に大きな期待感を抱くわけですが、今後の支援内容について具体的にお聞かせ願えませんでしょうか?
(市長)先ほどの3点に加えて、ガイナーレグリーンクラブに積極的参加します。
http://www.gainare.net/pre_site/pre_ggc.html

さて、ここで「ガイナーレ鳥取」対応の所管課について提案なのですが、

1ホームタウンの受け入れの際「米子市の政策において活用する」という支援内容を提示された事。
2今後の道州制を見据えますての戦略的なガイナーレ鳥取の活用を考えないとならない事。

これらの事をふまえますと、現在の「教育委員会体育課」よりも「企画部」の所管に移した方が、より効果的に政策とのリンクをはかることが出来ると考えますが、この提案に対しての市長の見解を求めます。
(市長)当面は体育課で対応したいと思います。

広報面での支援の提案なんですが、水道局で販売されています、ペットボトルの「米子の水」がありますよね、これなんかをPR媒体に使ったら面白いと思うのですが、いかがでしょうか?

(水道局長)実は検討しています。資金的な調整がクリア出来れば取り組みます。


しかしながら、良いニュースばかりでは有りませんで、皆さんご承知のように、今シーズン米子市での試合が、ホームゲーム全18試合中、4試合と言うことになってしまいました。
Jリーグへの昇格条件に毎試合3000人動員・そして10000人収容のスタジアムの確保という項目があり、こういった物理的な要因から、鳥取開催をふやされたと聞いています。
この現状をふまえ、市内では、「鳥取に取られてしまった」という声が多数聞こえてまいります。このことに関しての市長の率直なご感想をお聞かせ願えませんでしょうか。
(市長)残念ですが、出来ることをやっていきます。

今後におきましてはさらに踏み込んだ支援をよろしくお願いします。
とは言え、先ほど申し上げました通り、米子市にはJリーグ規格のスタジアムがありません。
しかしながら、毎回申し上げておりますが、「ガイナーレ」は米子で生まれ育ったチームです。子どもたちの夢と希望のために「ガイナーレ」の存在は、米子市に絶対に必要です。将来的でかまいません、なんとか環境の整備を行っていただく事を要望します。


と言うことで今回はソフトタッチに質問しました。
項目ごとに、だんだんテンションを上げていく作戦ですわ。

次回 「伯耆古代の丘公園」編  につづく

| | コメント (0)

3月議会 代表質問 終〜了〜

昨日はくたびれました。
会派代表質問が終わったのは20時30分くらい。

1人あたり30分の持ち時間でして、新風は10人の大所帯ですので、300分(5時間)もあります。
議員側発言のみで300分ですので、市の答弁の往復をふくめると、そんな時間になっちゃうわけです。

1人頭の関連質問の持ち時間は20分だったのですが、竹内さんと野坂さんがしゃべりすぎちゃいまして(笑)時間が無くなってしまいました。

というわけで、松田のころには「まき(時間短縮)」が入っちゃって超早口で噛みたおし。
言いたいことの3/4くらいしかしゃべれませんでした。
まだまだです...。

とは言え、自画自賛になっちゃいますけど、「質問」らしくなってきたような気がします。

内容については、また後日。

| | コメント (2)

やっと出来た...

やっと原稿が上がりました。
でも、いままでよりは早いかな?
原稿アップはだいたい朝でしたから(~0~)ネムイ

昔からギリギリにならんと体が動かないのですよ。
テスト勉強で机に向かってもしばらくは机の上の掃除。
その後は広くなったスペースで遊んじゃうと言った負のスパイラルに陥っていました。

本当に成長しませんわ。

明日はいよいよ代表質問だぜ(関連ですが...)!!
気合い入れて頑張ります!!

それでは夕方お会いしましょう。

| | コメント (0)

鳥取県知事選挙

紆余曲折があったものの、二名に絞られましたね。
民主党が候補者擁立に失敗されましたので、自民VS共産と言うことになっちゃいました。
前我孫子市長の福嶋さんにはお会いしたことはありませんが、話を聞いてみたかったので少し残念です。

ちょっと気になるのが民主党の動き。
なんか、自民の推薦をうけた平井さんに対して「与党に媚びた」的な発言で批判してますが、ちょっと筋が違う気がするのは僕だけでしょうか?
たとえると「片思いのコにアプローチをかけたけど、フラれちゃってそのコの悪評を流す。」といった感じに見えちゃうんですが...。
逆にイメージ悪くしてるような気がします。
ま、大きなお世話ですかね。

鳥取県知事選挙
告示、3月22日
投票、4月  8日


今日も質問の原稿調整でおおわらわです。
気持ちを切らないように頑張りますわ。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »