« 松田の家内です!! | トップページ | 特別職報酬と職員給与とガイナーレ »

鳥栖市の現実part2...。

やっとアップ出来ましたよ...。
お待たせして申し訳ありませんでした。

今日は鳥栖市。

サガン鳥栖(ユベントス→佐賀ン鳥栖 )のホームスタジアム、「鳥栖スタジアム」を視察してきました。
昨期の成績はJ2 4位ということで あと一歩で入れ替え戦進出とチーム史上最高の結果でした。

もともとは、静岡県の浜松にあったチームなんですが、なんと、鳥栖青年会議所が中心になって誘致運動を行われたみたいで、JCのネットワークを使って、九州全土での署名運動を実施されたようです。
現在は一歩距離を置いてるみたいですが...。


さて鳥栖スタジアム。
建設と用地買収(国鉄清算事業団から駅裏の土地を買い上げ)は鳥栖市が行い、運営は鳥栖市地域振興財団が行っています。

本当に素晴らしいスタジアムです。
まず上でも書いてますが、まず立地が抜群!!鳥栖駅の真裏ですので、本当に徒歩5分足らずでスタジアムに入れます。
それと陸上トラックの無い、サッカー場であると言うこと(松田的には最重要課題)。トラックがあると一体感が生まれない!!
等々、ハード面では言うこと無しです。

しかし…

先日鳥栖市の担当者の方の「反面教師にしてほしい」との発言を書きましたが、正にその通りでした。
度重なる運営会社の破綻にともない、いちいち鳥栖市が財政補助。
また、財政規模200億円の鳥栖市が総工費100億円(土地30億・箱70億)のスタジアムを作っちゃってますから、財政的負担も膨大なものになってます。
とどめは、当初の九州全体1チームとの約束を反故にされ、福岡・大分にJチームが出現。福岡から30分の立地にもかかわらず、福岡からはほとんどお客さんは来ないというのが現実です。
25000人収容のスタンドが満員になったことが無いらしいです。
またプロ野球との競合との競合があるのも間違いないです。

南北一体化のプランに参考になればと思って視察に行ったのですが、ちょっとテンション下がっちゃいましたね。
スタジアム建設も、米子市単独では無理かな…。とか考えちゃいましたが、あくまで夢は大きく持ってないといけないですから、本当の意味で「反面教師」にしなければならないと強く感じた次第です。
今度は「試合」で来ますと言って、スタジアムを後にした、傷心の松田でした。


下から二枚目は、鳥栖駅前の様子です。

Dscf1659
Dscf1668

Dscf1671
Dscf1683
Dscf1686

|

« 松田の家内です!! | トップページ | 特別職報酬と職員給与とガイナーレ »

コメント

地域活性化の起爆剤としてサッカーに賭けたのでしょうけど、起債が大きすぎたのだろう。
それにしても立派なスタジアムだ。
こういうのが米子にもあったらいいんですけどね・・・。

投稿: たぁくん | 2007年2月13日 (火) 08時52分

ここまで立派な「ハコ」はいらんかもしれんですけど、なんとか実現させたいですよね。

「大切なのは諦めないことだ。信じる力が勇気になる!!」

投稿: 松田ただし | 2007年2月14日 (水) 01時39分

そうですね。ハコ作ったは良いが年に数回しか使わない・・・しかも赤字運営だとこのご時勢大変なことになります。民間的考えで「利益」はともかくなんとかちゃらになる見通しってのは米子で作った場合あるのだろうか?その辺シュミレートされると面白いですね。
鳥取の場合、県庁所在地って言うのと砂丘のネームバリュー、あと優れたスポーツトレーナーの存在も決定した原因かもしれないですね。それでも運営は大変だろうけれど。

投稿: 祐輔 | 2007年2月14日 (水) 02時49分

今現在のインフラ整備状況を考えると。
鳥取市には「ハコ」があり、その用途を模索しているわけなんですよ。
それこそ「ハコ」をつくっちゃったけど、用途がないと言う状況なんです。
そのこに来て、SCのJ入り宣言ということで、正に「渡りに船」の状況なのですわ。

だれでも引っ張りますわね。
また、行っちゃいますよね...;。

でも、その後の展開を考えますと、鳥取市を本拠地にした場合、未来に向けての広がりが見えるのかというと、甚だ疑問なのです。
鳥取市の周辺都市ってどこがあります?
姫路?、豊岡?

そんなとこから鳥取くんだりまでサッカー観にきます?
そこなんですわ。

米子をホームにした場合、松江・境港・安来・出雲 また岡山県北部とかなり圏域を取り込める可能性があるわけです。

正に、中海県域をホームタウンとし確立できるわけなんですよ!!
これしか無いと思うんだけどな〜。


「あと優れたスポーツトレーナーの存在も決定した原因かもしれないですね」
この視点は無かったです。参考にさせていただきます。


.

投稿: 松田ただし | 2007年2月14日 (水) 22時56分

サッカー好きなら場所がどこでも見に行くのと違いますか?
米子でやろうが鳥取でやろうが・・・。
SCって行っても所詮一部の人で盛り上がってるだけじゃないですか?大きなスタジアム作って米子にホーム置くサッカーチームが出来たらそれであなたは満足なのですか?

難題積み重なってる米子。行政にはもっと考えていかなければいけない問題があるはずです。市民の憩いの場であるはずの湊山公園の桜の木の整備さえ民間の好意のボランティアでやってる事実をご存知ですか?

投稿: 祐輔 | 2007年2月15日 (木) 08時49分

祐輔さん コメントありがとうございます。
「SCっていっても所詮一部の人で盛り上がってるだけじゃないですか?」
現状は正にそんな感じです。

でも、その先にある希望を信じてみたいんです。

松田の想いは、サッカーという「ツール」を使って「米子という街が元気になって欲しいな」「こどもたちに米子市に誇りを持って欲しいな」というところにあります。
極端な事を言えば、サッカーじゃなくても良いんです。
米子の街って今本当に暗い雰囲気じゃないですか。
唯一の明るい話題が「SC」だと思うんですよ。
なんとか「元気の素」にしたいんです。

ただ、祐輔さんのおっしゃることも本当にごもっともな話です。
不勉強で申し訳ありませんが、「湊山公園の桜」のお話は初めて伺いました。
僕の地元の中学校の「松」の木の剪定もボランティアの方がされています。剪定予算40万円がカットされちゃったからです。
本当に残念な現実です。

「SCのこと」も引き続き取り組んで行きたいと思いますが、そればかりではなく「財政のこと」「子育てのこと」も頑張ってまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
貴重なご意見をいただきまして、ありがとうございました。

投稿: 松田ただし | 2007年2月15日 (木) 11時13分

そうですね、お願いします。
まず身近なことからですよ。
市民の憩いの場である桜の剪定。なんだか同じ市民として頭の下がる思いです。そこまで市の財政は逼迫してるのに・・・と思います。
下水道の値上げ、ゴミ処分の有料、市役所の手数料の値上げ、借地料問題・・・と来て先日の米子市のラスパイエル指数・・・が出てきたので怒りは当然、最近は第二の夕張か?と心配になってきております。

この間連れと酒飲みながら「みのさんでも呼ばないと・・・」と言うような話になりました。他の人にも掲示板等で書きましたが危機管理に欠けていて情けない限りです。

投稿: 祐輔 | 2007年2月15日 (木) 23時19分

米子市単独でJのクラブはほぼ不可能と思います。
全県をホームにしてもJでは厳しいでしょう。
全県ホームにすると本拠地は鳥取市にしないと、
県全体の支持を得るのは難しいでしょう。
米子市の役割はガイナーレ鳥取に優秀な選手を供給することではないでしょうか?米子市出身の選手がガイナーレ鳥取で活躍すれば、米子市としても盛り上がるでしょうし、日本代表がもし生まれればものすごいことです。
米子市の市民がサッカーをする環境を作ることが、市として必要ではないでしょうか。サッカー場やフットサルコートを作ったり、学校の校庭を芝生化するなどであれば、費用もそれほどかからないですし、市民もサッカーをプレーすることを楽しめます。
サッカーができる環境を整備し、市民がサッカーをプレーして楽しみ、そうしたサッカー文化の中から、ガイナーレでプレーする選手が出てくる。これが、市としての理想ではないでしょうか?

投稿: | 2007年10月20日 (土) 13時53分

ユアスタ

投稿: o | 2007年10月21日 (日) 10時28分

仙台スタジアム

http://jp.youtube.com/watch?v=KaImxvO-c58

投稿: o | 2007年10月21日 (日) 10時29分

名無しさん・oさん コメント、いただきありがとうございます。

「ユアテックスタジアム仙台」すごいですね〜。
下手なJ1よりJ2の方が盛り上がってるって本当なんですね。

さて、名無しのご指摘通り、「米子市」単体では、まず無理ですし、「鳥取県」という枠組みでも難しいでしょう。

私はガイナーレを、「鳥取県」という枠組みでは無く、中海圏域全体で支えて行ければと考えています。
近い将来「道州制」の導入によって地方自治体の枠組みは大きく様変わりします。
間違いなく。
その時の「鍵」になるんではと考えています。

そして、米子市のサッカー文化の件、全く同感です。
大篠津には人工芝サッカーグラウンドが近々出来る予定ですし、じわじわ学校・保育園等の芝生化も進んでいます。
米子市として「サッカー文化の振興」を大いにはかって行きたいと思います。

しかし、何と言ってもガイナーレに、もっともっと「勝って」もらわないとダメですがね(T_T)

投稿: 松田ただし | 2007年10月21日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松田の家内です!! | トップページ | 特別職報酬と職員給与とガイナーレ »