« 鳥取市職員を青年経済団体へ... | トップページ | 赤沢亮正を囲む会 in 淀江 »

米子駅構内改良工事起工式

昨日「米子駅構内改良工事起工式」に「都市機能整備問題等調査特別委員会(ながい...)」の委員として行ってきました。

「えっ 南北一体化の工事が始まったの!!」
って感じられた方もいらっしゃったかもしれんですけど、残念ながら違います。
道笑町の「開かずの踏切」って判りますか?
あそこの線路の本数を半分くらいにして、待ち時間を短縮しちゃおうという工事です。
でも、JRとしては「南北一体化」を見据えているのかな、と言う感じもしますね。

松田ただし、起工式なるものに出席させていただくのは初めてでして、結構緊張しましたわ。
TVも各社来てましたから、夕方のニュースで放送されてたと思うんですが、松田映ってましたか?


はい、映って無いですね。
完全にその他大勢でしたから(笑)


さて起工式の方は、赤沢代議士/福間県議/野坂市長/JR関係のみなさん/市議会議員数名と 大勢ご参列なか、勝田神社の神主さんにより厳粛な空気のもと行われました。
式次第は下記のリンクの感じです。
http://www.toshin.gr.jp/library/saigi/saigi3.html
「降神の儀」「献饌(けんせん)」とかとか聞き慣れない用語ばかりで、よりいっそう緊張したひとときでした。

しかし日本って、なんだかんだ言っても”「神道のくに」”だな〜って思いません?
普段は、これと言って神社に対して考えていないのに、節目節目で必ずと言っていいほど、神社でお祓いとかしてもらいますもんね。
「ひも落とし」「地鎮祭」「新車の納車」とかとか。
松田の選挙のときも、必勝祈願に行きましたもん。
いかに深いところで、「拠り所」となっているかって事ですよね。
こういった伝統は守っていかないといけんですね。

あ、くわ入れって「エイ!!エイ!!エイ!!」って声に出すんでよ!! びっくりしましわ(笑)

|

« 鳥取市職員を青年経済団体へ... | トップページ | 赤沢亮正を囲む会 in 淀江 »

コメント

先生!
日本は「神の国」ですよ。
人でも岩でも大木でも妖怪でも、何でも神になる珍しい国です。
でも最近は、神をも恐れぬ犯罪が多いですね。
平穏に暮らすためにも神仏を尊ぶ気持ちをもたなきゃいけませんな。

投稿: たぁくん | 2007年1月28日 (日) 15時55分

はい。
日本はまさに「八百万(やおよろず)の神々のくに」ですよね。
本文ではちょっとソフトに書いちゃいました。
「神の国発言」で左翼につるし上げを食らったら大変ですからね

σ(^◇^;)
http://ja.wikipedia.org/wiki/神の国発言

投稿: | 2007年1月30日 (火) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳥取市職員を青年経済団体へ... | トップページ | 赤沢亮正を囲む会 in 淀江 »